• 本

三つの石で地球がわかる 岩石がひもとくこの星のなりたち

ブルーバックス B−2015

出版社名 講談社
出版年月 2017年5月
ISBNコード 978-4-06-502015-9
4-06-502015-8
税込価格 994円
頁数・縦 222P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「水の惑星」地球は「石の惑星」でもある。太陽系で最も多くケイ素が集まったため、ほかの惑星にはない多彩な岩石が生みだされた。しかし種類が多いだけに「石の世界」は複雑で、名前を見ただけで嫌気がさしてしまいがちだ。本書では初心者が覚えるべき石を三つ選び、それらを主役に、石と地球の進化を語っていく。読めば「石の世界」が驚くほどすっきりわかる!

目次

序章 そもそも、石とは何だろうか
第1章 マントルをつくる緑の石―橄欖岩のプロフィール
第2章 海洋をつくる黒い石―玄武岩のプロフィール
第3章 大陸をつくる白い石―花崗岩のプロフィール
第4章 石のサイエンス―鉱物と結晶からわかること
第5章 三つの石と家族たち―火成岩ファミリーの面々
第6章 三つの石から見た地球の進化―地球の骨格ができるまで
終章 「他人の石」たち

おすすめコメント

岩石や鉱物には興味があるけれど、石の名前がどうもややこしくて覚える気になれない……という人は多いようです。たしかに一般向けの石の図鑑や入門書も、美しい石の紹介にとどまったものや、歴史的・文化的な側面から石を語るものが多く、正面から「石」を論じるものはあまりありません。それも、石の名前があまりにも複雑で、一般の人にはハードルが高くなるからでしょう。しかし、地球は「水の惑星」であると同時に、太陽系で最も多い数千種類もの石が存在する「石の惑星」でもあります。それだけに石の世界は科学的好奇心を刺激される深さ、面白さに満ちています。せっかく地球に住んでいながら、その恩恵を享受しないのは、もったいないことです。そこで、まったくの石の素人の読者でも、たった三つの石の名前を覚えるだけで石の世界が楽しめるように企画したのが本書です。「しんかい6500」に51回乗船という記録をもつ、地球を知り尽くした著者が、石の世界のしくみやなりたち、地球の進化と石の濃密なかかわりなどを、三つの石の物語にのせてみごとに描ききりました。読めば必ず、複雑そうな石の世界が驚くほどすっきりと頭に入り、地球が太陽系で特別な惑星に進化するまでの道筋がわかり、そして石がいとおしくなるはずです。

著者紹介

藤岡 換太郎 (フジオカ カンタロウ)  
1946年京都市生まれ。東京大学理学系大学院修士課程修了。理学博士。専門は地球科学。東京大学海洋研究所助手、海洋科学技術センター深海研究部研究主幹、グローバルオーシャンディベロップメント観測研究部部長、海洋研究開発機構特任上席研究員を歴任。現在は神奈川大学などで非常勤講師。「しんかい6500」に51回乗船し、太平洋、大西洋、インド洋の三大洋初潜航を達成。海底地形名小委員会における長年の功績から2012年に海上保安庁長官表彰(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)