• 本

つるのおんがえし

日本名作おはなし絵本

出版社名 小学館
出版年月 2010年12月
ISBNコード 978-4-09-726893-2
4-09-726893-7
税込価格 1,100円
頁数・縦 〔32P〕 27cm

商品内容

要旨

ゆきのふる、さむいよるのこと。いろの白いうつくしいむすめが、わかもののいえにやってきた。ふたりはやがてふうふとなり、まずしくともなかよくくらしていた。そんなある日、むすめが、「けっしてのぞかないでください。」といって、なんどにこもり、はたをおりはじめるが…。つるの伝説から生まれた、美しくせつないおはなし。

出版社
商品紹介

昔話の持つ豊かな世界を、一流作家の言葉と絵で存分に味わえる絵本。

出版社・メーカーコメント

貧しい若者のために女房は機を織ります傷ついた鶴を助けた若者のもとに、美しい娘が現れます。やがて若者と娘は夫婦として幸せな暮らしをおくるのですが。ある日、娘は貧しい若者のために、機を織ります。「けっして機を織っているところをのぞかないように」と言って。『鶴女房』として、全国に伝わる悲しいお話と、黒井健先生の絵がみごとにマッチした作品です。

著者紹介

礒 みゆき (イソ ミユキ)  
栃木県生まれ。舞踏家、造形作家を経て、絵本作家、童話作家となる。紙芝居『ねんねねんね』(教育画劇)で、高橋五山賞審査員特別賞受賞
黒井 健 (クロイ ケン)  
1947年新潟県生まれ。児童書の編集者を経て、画家、絵本作家となる。『またたびトラベル』(学研)で第20回赤い鳥さし絵賞受賞。山梨県清里に「黒井健絵本ハウス」を開設している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)