• 本

富士日記 中

新版

中公文庫 た15−11

出版社名 中央公論新社
出版年月 2019年6月
ISBNコード 978-4-12-206746-2
4-12-206746-4
税込価格 1,037円
頁数・縦 465P 16cm
シリーズ名 富士日記

商品内容

要旨

愛犬の死、湖上花火、大岡昇平夫妻や土地の人々との交流…。執筆に加え講演、選考会など多忙をきわめる夫・泰淳の仕事の合間を縫うように過ごした富士山荘の日々を綴る。昭和四十一年十月から四十四年六月の日記を収録。田村俊子賞受賞作。

目次

昭和四十一年(十月
十一月 ほか)
昭和四十二年(一月
三月 ほか)
昭和四十三年(一月
三月 ほか)
昭和四十四年(三月
四月 ほか)

おすすめコメント

愛犬の死、湖上花火、大岡昇平夫妻との交流……。執筆、選考会、講演など、夫・泰淳の多忙な仕事の合間を縫うようにして過ごす富士山荘での日々を綴る。昭和四十一年十月から四十四年六月の日記を収録する。田村俊子賞受賞作。〔全三巻〕巻末エッセイ しまおまほ

著者紹介

武田 百合子 (タケダ ユリコ)  
1925(大正14)年、神奈川県横浜市生まれ。旧制高女卒業。51年、作家の武田泰淳と結婚。取材旅行の運転や口述筆記など、夫の仕事を助けた。77年、夫の没後に発表した『富士日記』により、田村俊子賞を、79年、『犬が星見た―ロシア旅行』で、読売文学賞を受賞。93(平成5)年死去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)