• 本

幸福学

ハーバード・ビジネス・レビュー EIシリーズ

出版社名 ダイヤモンド社
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-478-10496-5
4-478-10496-4
税込価格 1,620円
頁数・縦 156P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

経済的に豊かになったとしても、科学技術によって便利な世の中になったとしても、はたして人間は幸せと言えるのでしょうか。ビジネスにおいても、報酬のためだけに働くのではなく、働く目的やキャリアのあり方が見直されてきています。そのような時代にあって、ビジネスは、マネジメントはどう変わるべきでしょうか。幸福学が世界的に注目されるきっかけとなった名著論文、欧米のエグゼクティブの間で話題となった記事を、この1冊にまとめました。

目次

日本語版に寄せて 幸せに働く時代がやってきた(前野隆司・慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授)
1 職場での幸福は重要である(アニー・マッキー・ペンシルバニア大学教育大学院シニアフェロー)
2 幸福の心理学(ダニエル・ギルバート・ハーバード大学心理学部教授 ガーディナー・モース・『ハーバード・ビジネス・レビュー』(HBR)シニアエディター)
3 「否定的な感情がない」ことが「幸福」ではない(ジェニファー・モス・プラスティシティ・ラボ共同創設者)
4 インナーワークライフの質を高める「進捗の法則」(テレサ・アマビール・ハーバード・ビジネススクール教授 スティーブン・クレイマー・心理学者)
5 幸福のマネジメント(グレッチェン・スプレイツァー・ミシガン大学スティーブン・M.ロス・スクール・オブ・ビジネス教授 クリスティーン・ポラス・ジョージタウン大学マクドナー・スクール・オブ・ビジネス准教授)
6 職場での幸福について、見落とされていること(アンドレ・スパイサー・ロンドン大学シティ校カス・ビジネススクール教授 カール・シーダーストロム・ストックホルム大学准教授)
7 幸福追求のパラドックス(アリソン・ビアード・『ハーバード・ビジネス・レビュー』(HBR)シニアエディター)
8 幸福の歴史(ピーター・N.スターンズ・ジョージ・メイソン大学教授)

おすすめコメント

幸福学はいま、世界中のエグゼクティブの注目を集めている。報酬のためだけではなく、働く目的やキャリアのあり方が見直されている時代に、ビジネスや個人の生き方はどう変わるのか。幸福学が注目されるきっかけとなった名著論文、欧米のエグゼクティブの間で話題となった記事をこの1冊にまとめた。