• 本

変貌する自民党の正体

ベスト新書 514

出版社名 ベストセラーズ
出版年月 2016年6月
ISBNコード 978-4-584-12514-4
4-584-12514-7
税込価格 842円
頁数・縦 247P 18cm

商品内容

要旨

本書は自民党前史と言える吉田茂の自由党から筆を起こし、結党で何をめざしたのか、岸信介の日米安保改定は何だったのか、自民党の原点を振り返る。その後、池田勇人、佐藤栄作、田中角栄と続く高度経済成長の時代を経て、冷戦の終結という歴史的なターニングポイントを迎え、迷走する自民党の足跡をたどる。そうした時代の変遷をふまえたうえで、安倍晋三首相がいったい何をめざし、日本をどう変えようとしているのかを浮き彫りにしてみたいと思う。

目次

序章 自民党は劣化したのか
第1章 終戦と自民党の結党
第2章 安保闘争と自民党
第3章 高度経済成長と自民党
第4章 55年体制の崩壊
第5章 自民党の危機と小泉構造改革
第6章 豹変する安倍政権と自民党の現在

おすすめコメント

主流派、反主流派が激論を交わした自民党はもはやない。議論なき政党はどこへ向かうのか? その変貌がもたらす危機に警鐘を鳴らす。

著者紹介

田原 総一朗 (タハラ ソウイチロウ)  
ジャーナリスト。1934年滋賀県生まれ。60年早稲田大学文学部卒業。同年岩波映画製作所入社。64年東京12チャンネル(現テレビ東京)に開局とともに入社。『朝まで生テレビ!』(テレビ朝日系)、『激論!クロスファイア』(BS朝日)の司会をはじめ、テレビ・ラジオの出演多数(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)