• 本

微分積分+微分方程式

理工系の数理

出版社名 裳華房
出版年月 2004年11月
ISBNコード 978-4-7853-1536-8
4-7853-1536-9
税込価格 2,970円
頁数・縦 291P 21cm

商品内容

要旨

数学の知識は使ってみてはじめて生きた知識となる。本書の特色は、最初に最も素朴な形で微分積分を導入した後、関数から微分方程式に至るまで、さまざまな場面でいろいろな形で利用し、そうした繰り返しの中で、自然に微分積分を武器として体得できるように構成されている点にある。

目次

極限と連続
微分
編微分
積分
いろいろな関数と微分・積分
テイラー展開
微分法の応用
重積分
複素数と複素平面
線形微分方程式
求積法
変形係数の微分方程式
解の存在と一意性
付録

著者紹介

川野 日郎 (カワノ ニチロウ)  
1937年宮城県生まれ。1963年熊本大学理学部数学科卒業。1969年熊本大学大学院理学研究科修士課程修了。現在、宮崎大学名誉教授。理学博士
薩摩 順吉 (サツマ ジュンキチ)  
1946年奈良県生まれ。1968年京都大学工学部数理工学科卒業。1973年京都大学大学院工学研究科博士課程単位習得退学。現在、東京大学大学院数理科学研究科教授。工学博士
四ツ谷 晶二 (ヨツタニ ショウジ)  
1950年大分県生まれ。1974年大阪大学理学部数学科卒業。1979年大阪大学大学院理学研究科博士課程単位習得退学。現在、龍谷大学理工学部教授。理学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)