• 本

ヤマト政権の一大勢力・佐紀古墳群

シリーズ「遺跡を学ぶ」 093

出版社名 新泉社
出版年月 2014年6月
ISBNコード 978-4-7877-1333-9
4-7877-1333-7
税込価格 1,650円
頁数・縦 93P 21cm

商品内容

要旨

平城宮の北方に広がる佐紀丘陵に、数世代にわたって造営され続けた巨大な前方後円墳が並ぶ。巨大な古墳はすべて陵墓に治定され調査できないが、周辺の古墳を含めて一基ずつ丹念に探訪し、古墳時代前期から中期にかけて力を振ったヤマト政権内の一大勢力を追究する。

目次

第1章 奈良盆地北部の大古墳群
第2章 丘陵西側の古墳を歩く
第3章 丘陵中央の古墳を歩く
第4章 丘陵東側の古墳を歩く
第5章 西の京丘陵の古墳を歩く
第6章 佐紀古墳群の意味

著者紹介

今尾 文昭 (イマオ フミアキ)  
1955年兵庫県生まれ。同志社大学文学部文化史学専攻卒業。博士(文学)。奈良県立橿原考古学研究所調査課長。塩塚古墳、松林苑跡などの調査や特別陳列「佐紀古墳群の埴輪―宮内庁書陵部所蔵品を中心として」(2004年)の企画・展示をおこなう(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)