• 本

セブン−イレブン鈴木敏文帝国崩壊の深層

出版社名 金曜日
出版年月 2016年5月
ISBNコード 978-4-86572-009-9
4-86572-009-X
税込価格 1,540円
頁数・縦 191P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

グループ10兆円企業の内幕を暴く。鈴木退陣を予言し急死した経済ジャーナリストの遺高。

目次

第1章 伊藤家vs.鈴木家の後継者めぐる最終バトル(鈴木敏文帝国崩壊への道
知られざるセブンと自衛隊の関係 元陸将をトップに加盟店との紛争封じ
人を不幸にして儲ける商法は破綻する)
第2章 セブンはブラックなのか!?(「ブラック企業大賞2015」受賞に激震 セブンの何が問題か
大詰め迎える“中労委対策”か!?伊藤名誉会長と安倍首相“ランチ会談”の舞台裏
脱サラオーナーが陥る“コンビニ地獄”妻はなぜ自殺したのか)
第3章 セブンと闘うオーナーたち(店舗オーナーが起こしたリベート返還請求訴訟(1)異常な利益の裏に潜むピンハネ疑惑
店舗オーナーが起こしたリベート返還請求訴訟(2)鈴木会長は“嘘”をついたのか!?
加盟店を見殺しにするドミナントの罠(1)どこに出店しようが本部の自由という不平等契約
加盟店を見殺しにするドミナントの罠(2)司法の矛盾した判断を生むフランチャイズ契約の闇)
第4章 裁判で追い詰められる“偽装”の鈴木商法(「平気でウソつく」と漏れ伝わった取締役会の内情 信頼失墜“裸の王様”鈴木敏文
仕入原価もわからず利益を収奪 店舗の犠牲で成り立つ“張り子の虎”)
第5章 日米FC紛争に発展した“悪魔のフランチャイズ”(フランチャイズ契約の罠 脱サラオーナーを騙す詐欺まがい契約の実態
全米の店舗オーナー代表団が緊急来日“日米FC紛争”に発展か!?日本式フランチャイズに猛反発
米国セブン加盟店協会シカゴのハシム・サイード代表に聞く「鈴木商法と戦うためにやってきた」)

著者紹介

渡辺 仁 (ワタナベ ジン)  
1951年、長崎県生まれ。経済ジャーナリスト。東洋大学経済学部中退後、経済専門紙記者などを経てフリーライターとして独立。ビジネス誌、経営誌、週刊誌などに執筆。2002年4月、ベンチャービジネス専門誌『Incubation』を創刊、編集長を務める(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)