• 本

季節の記憶

中公文庫

出版社名 中央公論新社
出版年月 1999年9月
ISBNコード 978-4-12-203497-6
4-12-203497-3
税込価格 817円
頁数・縦 376P 16cm

書店レビュー 総合おすすめ度: 全1件

  • 散歩と会話の日々。

    さて、この小説なんですが、何の事件も起きません。「驚きのラスト!」とか「ページをめくる手が止まらない!」的な煽り文句はいっさい適用外。ただひたすらに綴られる日常! 日常!! 鎌倉は稲村ガ崎を舞台に、フリーライターの父と5 歳の息子、ご近所さんたちとの膨大な量の会話を楽しんでいく、そんな「妙な」小説なのです。散歩のお供に持ち歩いて、何度となく読み返してきた思い入れのある一冊。晴れた日にどこかの公園でだらだらと読んでいただきたいです。「ねえ、パパ、時間って、どういうの?」。あなたが父親なら、何と答えましょうかね?(ミシマ社『THE BOOKS』より転載)

    (2013年3月15日)

商品内容

要旨

ぶらりぶらりと歩きながら、語らいながら、静かにうつらうつらと時間が流れていく。鎌倉・稲村ガ崎を舞台に、父と息子、便利屋の兄と妹の日々…それぞれの時間と移りゆく季節を描く。平林たい子賞、谷崎潤一郎賞受賞の待望の文庫化。