• 本

新幹線を航空機に変えた男たち 超高速化50年の奇跡

出版社名 さくら舎
出版年月 2014年6月
ISBNコード 978-4-906732-77-7
4-906732-77-1
税込価格 1,728円
頁数・縦 290P 19cm

e-honサイト上の「税込価格」の表示変更について

日時 表示価格
2019年9月27日(金)午前9:59まで 旧税率8%の税込価格
2019年9月27日(金)午前10:00〜 新税率10%の税込価格

サイト上の表示に関わらず、お受取・支払いが10月1日以降となる場合は、新税率10%が適用されます。 詳しくは、e-honの消費税率改定に伴う詳しいご案内をご覧ください。

内容詳細

要旨(情報工場提供)

1964年に“夢の超特急”として東海道新幹線が開業してから、ちょうど半世紀が過ぎた。今ではごく日常的な交通手段の一つとして親しまれているが、この50年の間、とくに最近20年の技術革新はめざましく、車両デザインも大きく変化している。本書は、航空機という異分野の最新技術を取り入れながらスピードと安全性、騒音防止を高いレベルで追求してきた鉄道技術者と航空技術者をめぐるノンフィクション。とくに新幹線の“顔”というべき特徴的な先頭形状の変化に着目し、異分野のコラボレーションの歴史を辿る。著者は、石川島播磨重工業の航空宇宙事業本部でジェットエンジンの設計に携わった経験を持つノンフィクション作家。

(要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2014年7月23日])

→情報工場SERENDIP×e−hon 会員限定キャンペーンページはこちら!

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

新幹線誕生から時速320キロ突破までの鉄道マンと航空機、技術者の挑戦!新幹線の知られざる誕生エピソード!最先端の空気流体力学や「遺伝的アルゴリズム」を駆使した超高速化!膨大な証言を基に奇跡の躍進を描く渾身のノンフィクション!

目次

序章 飛行機への憧れ
第1章 悲願時速三〇〇キロの壁
第2章 “新幹線をつくった男”の技術哲学
第3章 旅客機をイメージした0系新幹線
第4章 超流線形の新幹線登場
第5章 コストパフォーマンスと先頭形状
第6章 リニア車両の開発と飛行機屋
第7章 デザイン重視の時代
終章 新たな時代への挑戦

出版社
商品紹介

新幹線誕生から時速320キロ突破までの鉄道マンと航空技術者の取り組みを、膨大な証言を基に描く渾身のノンフィクション。

出版社・メーカーコメント

新幹線誕生から時速320キロ突破までの歩みを、関係者の証言を基に描くノンフィクション。計画当初、「これからは自動車、航空機。鉄道は時代遅れ」と揶揄された。発展の陰には鉄道マンと航空技術者の協力があった。

著者紹介

前間 孝則 (マエマ タカノリ)  
ノンフィクション作家。1946年佐賀県生まれ。法政大学中退後、石川島播磨重工業の航空宇宙事業本部技術開発事業部でジェットエンジンの設計に20余年従事。1988年に同社退社後、日本の近現代の産業・技術・文化史の執筆に取り組む(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)