• 本

日本のピアノ100年 ピアノづくりに賭けた人々

草思社文庫 ま2−5

出版社名 草思社
出版年月 2019年12月
ISBNコード 978-4-7942-2429-3
4-7942-2429-X
税込価格 1,320円
頁数・縦 468P 図版16P 16cm

商品内容

要旨

明治33年(1900年)1月、日本楽器は国産第一号となる簡素なアップライトピアノを完成させた。まだ欧米には及ぶべくもなかった日本のピアノではあったが、大戦後、状況は一変する。高度成長で勢いを得たピアノ・メーカーは新たなコンサート・グランド・ピアノの開発に情熱を傾ける。そして、リヒテルやグールドなど世界の名演奏家が愛用するピアノを生み出し、ついに日本を世界頂点のピアノ王国へと押し上げたのである―。誕生から100年間のピアノづくりに情熱を傾けた人々の姿を通して、日本の「ものづくり」の軌跡を見事に描き上げたノンフィクション作品。第18回ヨゼフ・ロゲンドルフ賞受賞作。

目次

プロローグ グレン・グールドのピアノ
戦前篇 洋琴からピアノへ―国産ピアノ誕生前夜から一九五〇年まで(文明開化期のピアノ
オルガン製造に群がる男たち
国産ピアノ第一号誕生
洋楽ブーム
戦前のピアノ黄金時代へ)
戦後篇 世界の頂点へ―一九五〇年から二〇〇一年まで(戦後の再出発
大量生産の時代
イメージ戦略と販売競争と
コンサート・グランドへの挑戦
日本のピアノはどこへ行くのか)
エピローグ 日本のピアノの未来に向けて

おすすめコメント

近代に始まった日本のピアノづくりは、どのようにして現在の世界的な名声を得るに至ったのか?多くの名ピアニストに愛された日本のピアノの歴史をモノづくりの側面から描いた一冊。日本近代音楽史でありながら産業史でもある、ほかに類書のない歴史ノンフィクション。

著者紹介

前間 孝則 (マエマ タカノリ)  
ノンフィクション作家。1946年生まれ。石川島播磨重工の航空宇宙事業本部技術開発事業部でジェットエンジンの設計に20余年従事。退職後、日本の近現代の産業・技術・文化史の執筆に取り組む
岩野 裕一 (イワノ ユウイチ)  
編集者・音楽ジャーナリスト。1964年、東京生まれ。上智大学文学部新聞学科卒業、同大学院文学研究科新聞学専攻博士前期課程修了(新聞学修士)。1987年、実業之日本社に入社、現在、同社代表取締役社長。おもな著作に『王道楽土の交響楽:満洲―知られざる音楽史』(音楽之友社、第10回出光音楽賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)