• 本

ためない練習

知的生きかた文庫 な34−8 LIFE

出版社名 三笠書房
出版年月 2016年2月
ISBNコード 978-4-8379-8388-0
4-8379-8388-X
税込価格 637円
頁数・縦 221P 15cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

「毎日の風通し」がもっとよくなる仏教の智恵。

目次

1章 「ためこむ」のは、毒なのです―お金も、物も、ストレスも(人生は“身軽”が一番いい
「ためない暮らし」が自由な人生を作る ほか)
2章 人間関係に必要な、この「余裕」―そんなこと、気にしない(友達を「ためこもう」としてはいませんか?
「魅力的」でなくても「器用」でなくてもいい ほか)
3章 生活の“贅肉”をそぎ落とすヒント―「それ」は、あなたに必要ない(物、物、物…の生活からの脱却法
まずは「十個」減らすことから始めよう ほか)
4章 仕事のコツは「引き算」にあり―“フットワーク”を軽くする方法(つい「先送り」したくなったらこう考える
「やるだけやって、あとは待つ」心構えで ほか)
5章 少しずつ「足るを知る」練習―「手ぶらで生きる」仏教の智恵(もっとも幸せに近いのは「ごく平凡な人」
「無理はしてみろ、でも無茶はするな」 ほか)

おすすめコメント

仏教では「お金も、物も、人も、適度な量を心がけることが大切だ」と説きます。 本書は、「減らす、捨てる、片づける」をテーマに、大事なものだけ残していくための、 人生のヒントを教えてくれる一冊です。 著者の名取芳彦(なとり・ほうげん)さんはお寺の住職。99個のテーマ別に、 「毎日の風通し」がよくなる仏教の智恵を、心と暮らしの両面から、 わかりやすい語り口でレクチャーします。 以前、当メールでも紹介させていただいた、累計24万部のベストセラー 『気にしない練習』の続編的内容。 前作同様、読むと気持ちがすーっと落ち着く、読後感の良い一冊です。 ぜひ、立ち読みページをご覧ください。

著者紹介

名取 芳彦 (ナトリ ホウゲン)  
1958年、東京都江戸川区小岩生まれ。密蔵院住職。真言宗豊山派布教研究所研究員。豊山流大師講(ご詠歌)詠匠。密蔵院写仏講座・ご詠歌指導など、積極的な布教活動を行なっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)