• 本

ロケット・ササキ ジョブズが憧れた伝説のエンジニア・佐々木正

出版社名 新潮社
出版年月 2016年5月
ISBNコード 978-4-10-350071-1
4-10-350071-9
税込価格 1,650円
頁数・縦 253P 20cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

POP

要旨

日本の電子産業は、半導体やLSI、それを搭載した電卓、液晶技術などでかつて世界を席巻した。終戦後からPC・スマホ全盛の現代まで、これらの技術をリードし、影響を与え続けた伝説の人物が、佐々木正氏だ。台湾で育ち、戦中は軍需産業に手を染める。戦後、神戸工業を経て早川電機(後のシャープ)に入社し、同社を日本を代表する電機メーカーの一つに育て上げた佐々木氏は、スピーディな行動力と世界に張り巡らされた豊かな人脈、そして「共創」の精神によるイノベーションで電子立国日本を牽引。さらにソフトバンク創業前の孫正義氏を見出し、創業のための資金調達を手引きした孫氏の「大恩人」としても知られる。本書はそんな佐々木氏の波乱万丈の足跡を辿った評伝である。著者は元日経記者のジャーナリスト。著書に『稲盛和夫 最後の闘い』『会社が消えた日』などがある。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2016年06月24日]

商品内容

要旨

デジタル産業の黎明期、世界の最先端を突っ走った「型破りな日本人」がいた。トランジスタからLSI、そしてMPUへ―シャープの技術トップとして命を削り合う半導体開発競争を仕掛け続け、日本を世界のエレクトロニクス産業の先頭へと導いた佐々木正。インテル創業者が頼り、ジョブズが憧れ、孫正義を見出した男の痛快無比な人生。

目次

プロローグ 孫正義の「大恩人」、スティーブ・ジョブズの「師」
第1章 台湾というコスモポリス
第2章 「殺人電波」を開発せよ
第3章 アメリカで学んだ「共創」
第4章 早川電機への転身
第5章 「ロケット・ササキ」の誕生
第6章 電卓戦争と電子立国への道
第7章 未来を創った男
エピローグ 独占に一利なし

おすすめコメント

この男なくしてシャープの興隆はなく、この男をなくしてシャープは墜落した。「ロケット」と称された爆発的な着想 力が、電子立国日本の未来を切り拓いた。トランジスタからLSI、そしてMPUへ――シャープの技術トップとして半導体の開発競争を仕掛け続け、日本を世界のエレクトロニクス産業の先頭へ導いた男。インテル創業者が頼り、ジョブズが憧れ、孫正義を見出した佐々木正の突き抜けた人生。

著者紹介

大西 康之 (オオニシ ヤスユキ)  
ジャーナリスト。1965年生まれ。88年早稲田大学法学部卒業、日本経済新聞社入社。産業部記者、欧州総局(ロンドン駐在)、編集委員、「日経ビジネス」編集委員などを経て、2016年に独立(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)