• 本

課長の技術 部下育成バイブル

出版社名 日経BP社
出版年月 2016年9月
ISBNコード 978-4-8222-3669-4
4-8222-3669-2
税込価格 1,650円
頁数・縦 255P 19cm

商品内容

要旨

「もっと使える部下がほしい」悩む課長のためのほめる技術、教える技術、辞めさせない技術。「行動科学マネジメント」の第一人者が説く部下に成果を出させるリーダーの心得。

目次

1章 気づく課長、出遅れる課長(課長の常識をひっくり返さねばならない時代がやってきた
あなたの「想像」は現実と乖離している ほか)
2章 あなたの部下は本当に弱いのか(成長の「ステージ」を見極めて育てているか
20代の意外な特徴を活用しよう ほか)
3章 できる課長の具体的技術(部下の行動があなたの価値を表している
「人が足りない時代」を見据えた人材育成 ほか)
4章 業績を上げるチーム力のつくり方(「モチベーション」という言葉を封印しよう
情報は共通言語と仕組みで共有 ほか)
5章 部長を目指す人のセルフマネジメント(あなたは自分が思っているほど強くない
育成の時間と自分の時間のバランス ほか)

おすすめコメント

 「もっと使える部下をよこしてくれ」 「あえて厳しくするのは部下の成長のため」 「あいつのせいでイライラさせられっぱなしだ」……。こういった考えはすべて間違いであることに、日本の課長は気付いているでしょうか。「代わりの人材はいない」「厳しくすると部下は辞めてしまう」「イライラするのは自分のせい」。こんなふうに考え方を変えないと、目の前の部下はすぐに会社を辞めてしまいます。人手不足の今、部下の育成に「自分はこうしてきた」という、旧来のやり方は通用しません。では、課長は部下をどのように育てればいいのか。本書は「行動科学マネジメント」という手法によって、その方法を説いていきます。例えば、部下をほめる時は「60秒以内」にといったほめ方の技術や、具体的な数字を使いながら 指示を与える「教える技術」など、日々の仕事で部下と接するうえですぐに役立つ技術を具体的に解説します。結果として、課長自身のストレスがなくなる今の時代の人材育成法です。

出版社・メーカーコメント

「もっと使える部下をよこしてくれ」「あえて厳しくするのは部下の成長のため」「あいつのせいでイライラさせられっぱなしだ」……。こういった考えはすべて間違いであることに、日本の課長は気付いているでしょうか。「代わりの人材はいない」「厳しくすると部下は辞めてしまう」「イライラするのは自分のせい」。こんなふうに考え方を変えないと、目の前の部下はすぐに会社を辞めてしまいます。人手不足の今、部下の育成に「自分はこうしてきた」という、旧来のやり方は通用しません。では、課長は部下をどのように育てればいいのか。本書は「行動科学マネジメント」という手法によって、その方法を説いていきます。例えば、部下をほめる時は「60秒以内」にといったほめ方の技術や、具体的な数字を使いながら指示を与える「教える技術」など、日々の仕事で部下と接するうえですぐに役立つ技術を具体的に解説します。結果として、課長自身のストレスがなくなる今の時代の人材育成法です。

著者紹介

石田 淳 (イシダ ジュン)  
ウィルPMインターナショナル代表取締役社長兼最高経営責任者、行動科学マネジメント研究所所長。米国のビジネス界で大きな成果をあげる行動分析を基にしたマネジメント手法を日本人に適したものにアレンジ、「行動科学マネジメント」として確立。その実績が認められ、日本で初めて組織行動の安全保持を目的として設立された社団法人組織行動セーフティマネジメント協会代表理事に就任。米行動分析学会ABAI会員、日本行動分析学会会員、日本ペンクラブ会員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)