• 本

残念和食にもワケがある 写真で見るニッポンの食卓の今

出版社名 中央公論新社
出版年月 2017年10月
ISBNコード 978-4-12-005016-9
4-12-005016-5
税込価格 1,650円
頁数・縦 197P 20cm

商品内容

要旨

「白いご飯は味がないから苦手」「煮物は家ではつくらない」「ご飯も味噌汁もスプーンで食べる」「大人もお子様用プレートを使う」…400人以上の主婦へのアンケート、1万5000枚以上の食卓写真をもとに、家庭の和食の驚くべき変化を描き出す。

目次

第1章 まだ要るの?ご飯と味噌汁
第2章 和食は異文化体験
第3章 暮らしに和食は馴染まない
第4章 和食の心はどこへ
第5章 「好き」を立てれば「和食」は立たず
第6章 和食遺産は相続放棄?

おすすめコメント

2013年12月にユネスコ無形文化遺産に登録された「和食」。日本が世界に誇るべきものと言われるが、では現実の家庭ではどのような和食が作られているか。20年にわたって食卓を調査してきた著者によると、和風の煮物、和え物、煮魚はほぼ“絶滅危惧種”であり、白いご飯やみそ汁までも消えつつある。盛りつけがラクで洗い物が減るからと「お子様ランチ」さながらワンプレートで食事をする大人たち、果物やトーストした食パンを「硬い」から食べない子どもたち……。そこには、バラバラの好みや都合、気分を尊重する、“新しい家族”の姿が見えてくる。

著者紹介

岩村 暢子 (イワムラ ノブコ)  
1953(昭和28)年北海道生まれ。大手広告会社を経て、大正大学客員教授、日本能率協会総合研究所客員研究員、キユーピー顧問等をつとめる。食と現代家族の調査・研究を続ける。『家族の勝手でしょ!』で第2回辻静雄食文化賞受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)