• 本

習近平が変えた中国

出版社名 小学館
出版年月 2018年4月
ISBNコード 978-4-09-388614-7
4-09-388614-8
税込価格 1,728円
頁数・縦 253P 19cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

アメリカをも凌駕する中国の覇権主義は、どこを目指しているのか。習近平政権の分析を重ねてきた研究者らが、東アジアの将来を読む。「ビジュアル」「視点・論点」「小事典」の三部構成で、ガッツリわかる!参照項目で理解深まる!

目次

第1部 ビジュアル(習近平
一帯一路
中国共産党
対外直接投資
改革開放 ほか)
第2部 視点・論点(習近平とは何者なのか
中国共産党のメカニズム
なぜ「反腐敗」なのか
習近平の中国は「脅威」か
南シナ海問題を概観する ほか)
第3部 小事典

出版社・メーカーコメント

現代中国を知る小事典付き教養書 本書は習近平政権の成立以降に注目し、「中国脅威論」「反腐敗運動」「チベット問題」などのテーマを掘り下げた現代中国の入門書です。 権力の一極集中が進むなか、中国では人権、市民権などの西欧的価値観や議会制、三権分立、選挙といった制度がないがしろにされています。一方の経済面では、本書で取り上げた「一帯一路」のように、広く世界に影響を及ぼし、その勢いは増すばかりです。 この国を知るには、政治、経済、社会、軍事などの各分野ごとの理解が必要です。そこで、それぞれの専門分野で高い評価を受けてきた執筆者が、一般向けにわかりやすく解説。さらに、多くの図表やグラフを加え、中国の実情を具体的にイメージできるようにしました。 見開きの「ビジュアル」、テーマ別「視点・論点」、用語集「小事典」の三部構成で理解が深まります。

著者紹介

天児 慧 (アマコ サトシ)  
早稲田大学名誉教授。1947年生まれ。早稲田大学卒、一橋大学大学院修了。社会学博士。琉球大学助教授、青山学院大学教授、早稲田大学大学院アジア太平洋研究科教授を歴任。2018年4月より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)