• 本

ブラバン甲子園大研究 高校野球を100倍楽しむ

文春文庫 う32−2

出版社名 文藝春秋
出版年月 2018年7月
ISBNコード 978-4-16-791111-9
4-16-791111-6
税込価格 759円
頁数・縦 251P 16cm

商品内容

要旨

本邦初!高校野球のブラバン応援だけを取材しまくりました。天理、PL、智辯和歌山などの定番応援曲の隠された秘密から、有名校顧問対談まで、トリビア満載&マニア垂涎の一冊です。吹奏楽名門校出身の著者が完全ブラバン目線で取材するうち、すっかり応援マニアに。あなたも実況中継のボリュームを爆音で聴きたくなる!

目次

第1章 実況中継に耳をすませ!有名校オリジナル応援秘話(日本中が知るあの曲はオリジナルだった!「ファンファーレ」「ワッショイ!」天理
なぜか「怪物マーチ」に?「チャンス紅陵」拓大紅陵 ほか)
第2章 定番から新潮流まで ブラバン甲子園の謎(ディスコから吹奏楽曲、人気No.1応援曲へ。「アフリカン・シンフォニー」の数奇な運命
「フグ」「京浜東北」「サカマ」…なぜ勝手に曲名が変わるのか? ほか)
第3章 大研究 高校野球のブラバン応援はいつ始まった?(第1回大会は陸軍の楽隊がいた
早稲田「コンバットマーチ」の作曲者に会った ほか)
第4章 習志野vs拓大紅陵 顧問対談「野球応援は百利あって一害なし!」(チケット完売!前代未聞の「野球応援コンサート」
“美爆音”習志野と“名曲揃い”拓大紅陵 熱すぎる顧問対談)
第5章 ブラバン応援愛が止まらない!(夢のアルプススタンド応援デビュー
自宅でも応援!大ヒットCD「ブラバン!甲子園」とは ほか)

著者紹介

梅津 有希子 (ウメツ ユキコ)  
編集者・ライター、高校野球ブラバン応援研究家。北海道出身。中高を吹奏楽の強豪校で過ごし、ファゴットを担当。札幌白石高校時代に「吹奏楽の甲子園」こと普門館で開催された全日本吹奏楽コンクールに出場し、3年間連続金賞を受賞する。ヤマハ勤務(管楽器担当)ののち、FMラジオ局、IT企業、編集プロダクションなどを経て独立。野球応援曲に特化した「ブラバン!甲子園ライブ」ではMCと構成を担当するなど、“吹奏楽×応援”というジャンルの可能性と楽しみ方を追求し続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)