• 本

心も体もよみがえる!「遺伝子スイッチ」を切り替える最高の健康法 才能開花、ストレス、老化から、肥満、高血圧、糖尿病、がん、認知症まで

出版社名 辰巳出版
出版年月 2018年11月
ISBNコード 978-4-7778-2202-7
4-7778-2202-8
税込価格 1,100円
頁数・縦 192P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

心も体もよみがえる!「遺伝子スイッチ」を切り替える最高の健康法。

目次

第1章 遺伝子にはスイッチがある
第2章 遺伝子スイッチが切り替わるってどういうこと?
第3章 遺伝子スイッチを切り替えて生活習慣病を予防しよう
第4章 遺伝子スイッチの切り替えで老化をブロック
第5章 才能遺伝子のスイッチをONにせよ!
巻末特集 これで完璧!遺伝子スイッチを切り替える食事と生活習慣

おすすめコメント

遺伝子スイッチ(ON/OFF)の仕組みと病気の関係、活性化の方法、そしてより効果的な健康法など、遺伝子スイッチを通して解き明かす。高血圧、糖尿病、認知症などの改善から、眠っている才能までを開花させる。 【主な予定内容】 はじめに 〜なぜ、いま遺伝子が注目されているのか 第1章 遺伝子にはスイッチ(ON/OFF)がある 第2章 遺伝子スイッチ(ON/OFF)が切り替わるとき 第3章 遺伝子スイッチを切り替えれば、生活習慣病(高血圧、糖尿病、脂質異常症、認知症、うつ病、肥満など)を予防することができる 第4章 遺伝子スイッチを切り替えれば、「眠っている才能」「秘めた能力」を目覚めさせることができる 第5章 遺伝子スイッチをONにする食事法・健康法・生活習慣

著者紹介

小林 弘幸 (コバヤシ ヒロユキ)  
順天堂大学医学部教授。日本体育協会公認スポーツドクター。1960年、埼玉県生まれ。87年、順天堂大学医学部卒業。92年、同大学大学院医学研究科修了後、順天堂大学小児外科講師・助教授を歴任する。自律神経研究の第一人者として、プロスポーツ選手、アーティスト、文化人へのコンディショニングやパフォーマンス向上指導に関わる。また、順天堂大学に日本初の便秘外来を開設した“腸のスペシャリスト”であり、腸内環境を整えるストレッチを考案するなど、心と体の健康づくりを提唱
玉谷 卓也 (タマタニ タクヤ)  
順天堂大学大学院医学研究科客員教授。P5株式会社ゼネラルマネージャー。1988年、筑波大学医科学修士課程修了後、東京都臨床医学総合研究所、93年よりJT医薬基礎研究所、99年より米国CORIXA社に勤務。02年、東京大学先端科学技術研究センター特任助教授に就任。08年より武田薬品に勤務するとともに、順天堂大学医学部客員教授に就任。14年よりP5株式会社勤務。現在は、がんゲノム医療のサポート事業などヘルスケアビジネスに従事。おもな専門領域は、免疫学、炎症学、腫瘍学、臨床遺伝学。20年以上、免疫、がん、線維症、アレルギー、動脈硬化などの研究に従事。薬学博士(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)