• 本

いつかの夏 名古屋闇サイト殺人事件

角川文庫 お49−10

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-04-107113-7
4-04-107113-5
税込価格 778円
頁数・縦 398P 15cm

商品内容

要旨

2007年8月24日、深夜。名古屋の高級住宅街の一角に1台の車が停まった。車内にいた3人の男は帰宅中の磯谷利恵に道を聞く素振りで近づき、拉致、監禁、そして殺害。非道を働いた男たちは3日前、闇サイト「闇の職業安定所」を介して顔を合わせたばかりだった。車内で脅されながらも悪に対して毅然とした態度を示した利恵。彼女は何を守ろうとし、何を遺したのか。利恵の生涯に寄り添いながら事件に迫る、慟哭のノンフィクション。

目次

アスファルトを這う花
巡り合い
優しい時間
丘の上の日々
挫折
混乱の中に
小さく不確かな恋
闇からの声
一夜の出来事
刻まれたメッセージ
反撃
閉ざされた夏
午後の静寂

おすすめコメント

「2960」。恐怖と絶望の中、死の直前に絞り出したメッセージ――「闇サイト」で集まった凶漢三人の犯行で命を落とした一人の女性がいた。彼女はなぜ殺されなくてはならなかったのか。そして何を残したのか。被害者の生涯に寄り添いながら事件に迫る長編ノンフィクション。

著者紹介

大崎 善生 (オオサキ ヨシオ)  
1957年札幌市生まれ。2000年、デビュー作の『聖の青春』で新潮学芸賞、翌年には『将棋の子』で講談社ノンフィクション賞を受賞。02年には初の小説作品『パイロットフィッシュ』で吉川英治文学新人賞を受賞する。ジャンルを超えて紡ぎ出される情感あふれる物語世界が多くの読者の支持を集めている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)