• 本

天皇のお言葉 明治・大正・昭和・平成

幻冬舎新書 つ−3−4

出版社名 幻冬舎
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-344-98548-3
4-344-98548-6
税込価格 1,080円
頁数・縦 377P 18cm

商品内容

要旨

戦争への姿勢にも、怒りがあり、嘆きがあり、涙がある!“究極の発言者”の本音と葛藤。「五箇条の御誓文」から「誕生日会見」まで、250の発言で読み解く日本の近現代史!

目次

第1章 明治天皇1―表の文語体、裏の京都弁(「広く会議を興し、万機公論に決すべし」(明治元・一八六八年)
「ことしは見むと思ふたのしさ」(明治一〇・一八七七年) ほか)
第2章 明治天皇2―隠された「大帝」の本音(「朕応に行くべし」(明治二四・一八九一年)
「今回の戦争は朕素より不本意なり」(明治二七・一八九四年) ほか)
第3章 大正天皇―発病と「お言葉」の危機(「今日はこうして中(を)よく見てから開けたよ」(時期不詳)
「お前はこの頃随分と強くなつたな」(時期不詳) ほか)
第4章 昭和天皇1―揺れる「リアリスト」の喜怒哀楽(「辞表を出してはどうか」(昭和四・一九二九年)
「若し必要なれば、余は事件の拡大に同意するも可なり」(昭和六・一九三一年) ほか)
第5章 昭和天皇2―君主をやめられない症候群(「戦争となるの結果を見ましたことは、自分の最も遺憾とする所」(昭和二〇・一九四五年)
「単なる神話と伝説とに依りて生ぜるものに非ず」(昭和二一・一九四六年) ほか)
第6章 今上天皇(平成の天皇)―象徴的行為への強い意志(「現代にふさわしい皇室の在り方を求めていきたい」(平成元・一九八九年)
「長い避難生活の苦労は、はかり知れないものと察しております」(平成三・一九九一年) ほか)

おすすめコメント

天皇の発言ほど重く受け止められる言葉はない。近代国家となった明治以降、その影響力は激増した。とはいえ、絶対的な権威であるにもかかわらず、常に絶対ではない天皇の権力。時代に反する「お言葉」は容赦なく無視され、皇位の存続を危うくする可能性もあった。そのため時代の空気に寄り添い、時に調整を加え、公式に発表されてきた。しかし、天皇も人間である。感情が忍び込むこともあれば、非公式にふと漏らす本音もある。普遍的理想と時代の要請の狭間で露わになる天皇の言葉の奥深さと魅力。気鋭の研究者が抉り出す知られざる日本の一五〇年。

著者紹介

辻田 真佐憲 (ツジタ マサノリ)  
近現代史研究者。1984年、大阪府生まれ。慶應義塾大学文学部卒業、同大学院文学研究科中退。2012年より文筆専業となり、政治と文化芸術の関係を主なテーマに、著述、調査、評論、レビュー、インタビューなどを幅広く手がけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)