• 本

日本SF誕生 空想と科学の作家たち

出版社名 勉誠出版
出版年月 2019年8月
ISBNコード 978-4-585-29184-8
4-585-29184-9
税込価格 1,980円
頁数・縦 203P 19cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

SF(サイエンス・フィクション)が世界的に注目されつつあるようだ。中国ではSF小説『三体』シリーズが累計2000万部を超える異例の大ベストセラーになり、ユヴァル・ノア・ハラリ氏も未邦訳の最新作でSFの重要性を強調している。日本でも、かつて小松左京、星新一らによるSFブームがあった。本書は、1960年代にそれまで日本ではまったく馴染みのなかったSFという分野を切り拓き、数々のヒット作を生んで日本に定着させた作家や編集者たちの足跡やエピソードを描いたノンフィクションである。日本SFの直接の源泉は、第二次世界大戦前後に黄金期を迎えたアメリカSFであり、小松左京、星新一、筒井康隆、眉村卓、そして本書の著者でもある豊田有恒といった作家たちが、海外SFの影響を受けながらも、独自の作風を開拓していった。本書では、星新一のショートショートや小松左京の『日本沈没』などで一大ブームを巻き起こすまでの日本SF草創期を、著者の交友録などを交え、生き生きと描写する。著者は1938年生まれのSF作家で、島根県立大学名誉教授。代表作に『火星で最後の……』(早川書房)、『タイムスリップ大戦争』(角川文庫)など。アニメ『宇宙戦艦ヤマト』のSF設定も担当していた。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2019年9月11日]

商品内容

要旨

小松左京・星新一・筒井康隆…日本のSFが若かったころ。1960年代初頭、SFは未知のジャンルだった。不可思議な現象と科学に好奇心を燃やし、SFを広めようと苦闘する作家たちの物語。『SFマガジン』『宇宙塵』から「宇宙戦艦ヤマト」へ。

目次

はじめに
第1章 人類の夢、近代SFへの道
第2章 SFマガジン創刊
第3章 日本SFコンテスト
第4章 同人誌『宇宙塵』と『Null』
第5章 SF作家クラブ始動
第6章 SFの普及と発展
第7章 日本SF作家と映像の関わり―アニメ(人形アニメも含む)、特撮など
第8章 SF作家交友録
第9章 SFの浸透と拡散
第10章 国際SFシンポジウム(一九七〇年)
第11章 SFの未来へ

著者紹介

豊田 有恒 (トヨタ アリツネ)  
1938年前橋市に生まれる。慶応義塾大学医学部中退、武蔵大学経済学部卒業。1961年『時間砲』で第一回空想科学小説コンテスト佳作入賞。『エイトマン』『鉄腕アトム』など、黎明期のアニメ界にシナリオライターとして参加、日本アニメのオリジナル・シナリオライター第一号となる。以後、SF翻訳家を経て、SF作家として独立。87年、日本SF作家クラブ会長。2000年より島根県立大学教授。現在、同大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)