• 本

詩への小路 ドゥイノの悲歌

講談社文芸文庫 ふA11

出版社名 講談社
出版年月 2020年1月
ISBNコード 978-4-06-518501-8
4-06-518501-7
税込価格 2,090円
頁数・縦 282P 16cm

商品内容

要旨

「遠い琴の音に、ここに転がる土器がつかのまでも共鳴することもありはしないか」―ライナー・マリア・リルケ「ドゥイノの悲歌」全訳をはじめ、長年親しんだドイツ、フランスの詩人からギリシャ悲劇まで、還暦の年から九年にわたり、小説と並行して書き継がれた詩をめぐる自在な随想と、自らの手による翻訳。徹底した思索と比類なきエッセイズムが結晶した名篇。

目次

ふたつの処刑詩
人形めぐり
晩年の詩
生者の心をたよりの
鏡の内の戦慄
鳴き出でよ
莫迦な
歓喜の歌
生きながらの
無限船と破船
折角の犀
風立ちぬ
吉き口
宿業のキューマ
夕映の微笑
ドゥイノ・エレギー訳文1
ドゥイノ・エレギー訳文2
ドゥイノ・エレギー訳文3
ドゥイノ・エレギー訳文4
ドゥイノ・エレギー訳文5
ドゥイノ・エレギー訳文6
ドゥイノ・エレギー訳文7
ドゥイノ・エレギー訳文8
ドゥイノ・エレギー訳文9
ドゥイノ・エレギー訳文10

おすすめコメント

著者が愛読してきたリルケ「ドゥイノの悲歌」の翻訳をはじめ、マラルメ、ヴァレリー、ダンテ、漱石等、詩をめぐる思索が結晶した名篇