• 本

天涯の楽土

角川文庫 し55−40

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-04-109121-0
4-04-109121-7
税込価格 770円
頁数・縦 350P 15cm

商品内容

要旨

弥生時代後期、紀元前1世紀の日本。久慈島と呼ばれていた九州の、北部の里で平和に暮らしていた少年隼人は、他邦の急襲により里を燃やされ、家族と引き離される。奴隷にされた彼は、敵方の戦奴の少年で、鬼のように強い剣の腕を持つ鷹士に命を救われる。次第に距離を縮める中、久慈の十二神宝を巡る諸邦の争いに巻き込まれ、島の平和を取り戻すため、彼らは失われた神宝の探索へ…。運命の2人の、壮大な和製古代ファンタジー!

おすすめコメント

「金椛国春秋」が大人気の篠原悠希、伝説的デビュー作が待望の文庫化!古代日本、九州に似た島。平和な郷で暮らしていた隼人は、郷の急襲で少年奴隷となる。家族と引き離され、見知らぬ郷で出会ったのは、鬼のように強い剣奴の少年・鷹士。運命の2人の、壮大な旅が幕を開ける!

著者紹介

篠原 悠希 (シノハラ ユウキ)  
島根県生まれ。神田外語学院卒業。プログラマー、介護職などを経て、現在ニュージーランド在住。2013年、第4回野性時代フロンティア文学賞を受賞し、受賞作を改稿、改題した『天涯の楽土』でデビュー。深い知識に裏打ちされた世界観と、いきいきとした人物描写が特長の実力派(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)