• 本

日本農業過保護論の虚構

筑波書房ブックレット 暮らしのなかの食と農 62

出版社名 筑波書房
出版年月 2020年7月
ISBNコード 978-4-8119-0577-8
4-8119-0577-6
税込価格 825円
頁数・縦 55P 21cm

商品内容

目次

序章―コロナの渦中でも浮上する農業過保護論
コロナ禍に続く世界食料危機の恐れ―国連の警告
食料危機の本当の教訓(1)―「貿易自由化」が生む危機
食料危機の本当の教訓(2)―食料は戦略物資
食料危機の本当の教訓(3)―「価格高騰で生産者が潤う」は誤解
食料危機の本当の教訓(4)―農協はなぜあるのか
輸出国の「競争力」の虚像―米国のコメ農家支援の事例
「自由貿易」の不都合な真実―規制を逃れた多額の輸出補助金
「隠れた」輸出補助金の具体例(1)財政負担型の事例
「隠れた」輸出補助金の具体例(2)―消費者負担型の事例
「隠れた」輸出補助金を定量化する―米国の穀物のケースを事例に
欧米諸国の価格支持の流儀―「価格支持」と「直接支払」の二刀流
日本は関税撤廃の「優等生」―不公平な取引に甘んじるのか
安さの代償―日本が危険な食品の受け皿に
「国産プレミアム」を提案する(1)―PSEの欠陥を正すために
「国産プレミアム」を提案する(2)―その計測方法
「国産プレミアム」を提案する(3)―試算例と国際比較
食糧自給率を議論しよう(1)―食料安全保障の指標たりうるか
食糧自給率を議論しよう(2)―新しい「国産率」の活用
終章―データ分析を重視する意味

著者紹介

安達 英彦 (アダチ ヒデヒコ)  
1978年長崎県生まれ。2006年九州大学大学院生物資源環境科学府博士後期課程修了。博士(農学)。現在、東京大学大学院農学生命科学研究科農学特定支援員
鈴木 宣弘 (スズキ ノブヒロ)  
1958年三重県生まれ。1982年東京大学農学部卒業。農林水産省、九州大学教授を経て、2006年より東京大学教授。98〜2010年(夏季)コーネル大学客員教授。専門は農業経済学。国際学会誌Agribusiness編集委員長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)