• 本

夜のリフレーン

角川文庫 み50−4

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2021年2月
ISBNコード 978-4-04-111064-5
4-04-111064-5
税込価格 924円
頁数・縦 315P 15cm

商品内容

要旨

ミステリ、幻想文学、歴史小説と、ジャンルを軽やかに超越し、その物語の舞台は、洋の東西を問わない―。破格のスケールと妖艶かつ幻惑的な物語で、読者を魅了してやまない、物語の女王・皆川博子。秘めた熱情、封印された記憶、日常に忍び寄る虚無感―著者の多彩で奥深い世界が堪能できる24篇を収録。作家デビューした1970年代から現代に至る無数の作品の中から、単行本未収録作のみを精選した短篇集が、満を持しての文庫化!

出版社・メーカーコメント

物語の女王が、幻想と綺想のあわいで紡ぐ短編集秘めた熱情、封印された記憶、日常に忍び寄る虚無感――。福田隆義氏のイラスト、中川多理氏の人形と小説とのコラボレーションも収録。著者の物語世界の凄みと奥深さを堪能できる選り抜きの24編を収録。

著者紹介

皆川 博子 (ミナガワ ヒロコ)  
1930年旧朝鮮京城生まれ。73年に「アルカディアの夏」で第20回小説現代新人賞を受賞し、その後は、ミステリ、幻想小説、歴史小説、時代小説を主に創作を続ける。『壁―旅芝居殺人事件』で第38回日本推理作家協会賞(長編部門)を、『恋紅』で第95回直木賞を、『薔薇忌』で第3回柴田錬三郎賞を、『死の泉』で第32回吉川英治文学賞を、『開かせていただき光栄です―DILATED TO MEET YOU―』で第12回本格ミステリ大賞を受賞した。2012年には、その功績を認められ、第16回日本ミステリー文学大賞に輝き、15年には文化功労者に選出されるなど、第一線で活躍し続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)