• 本

生物発光の謎を解く

SUPERサイエンス

出版社名 シーアンドアール研究所
出版年月 2021年6月
ISBNコード 978-4-86354-351-5
4-86354-351-4
税込価格 2,002円
頁数・縦 255P 19cm

商品内容

要旨

生物発光は生物の必須の仕組みではなく、ごく限られた生物だけに許された生理機能である。本書では、生物がなぜ発光するのか、その理由やメカニズムの他に、発光するさまざまな生物、生物発光が応用されている医療や科学の現場についてわかりやすく解説する。

目次

1 生物発光とは
2 生物発光の仕組み
3 発光するさまざまな生物たち
4 生物発光の歴史
5 身近で使われている生物発光
6 世界を変える生物発光

著者紹介

近江谷 克裕 (オオミヤ ヨシヒロ)  
国立研究開発法人産業技術総合研究所(産総研)生命工学領域特命上席研究員、タイVISTEC大学院大学招聘教授、大阪工業大学・鳥取大学客員教授。1990年医学博士号取得後、(財)大阪バイオサイエンス、科学技術振興機構、静岡大学、北海道大学、産総研などを経て2020年より現職。専門は生化学、光生物学、細胞工学。大阪バイオサイエンス研究所時代に生物発光研究の第一人者であるFrederick辻、下村脩、W Hastings博士らに会い、生物発光の世界に。発光甲虫、ウミホタル、発光性渦鞭毛藻などを対象に世界各地のフィールドワークから医学分野での応用まで、基礎、応用、製品化研究を推進する。国際生物発光化学発光学会元会長・現評議員を務め世界各地に生物発光研究のネットワークを持つ
三谷 恭雄 (ミタニ ヤスオ)  
産総研生物プロセス研究部門研究グループ長。2001年博士(理学)号取得後、産総研入所。ドイツマックスプランク生化学研究所博士研究員、経済産業省製造産業局生物化学産業課出向など経て2017年より現職。専門は分子生物学、生化学。大学院ではホヤの発生に関する研究を行い、産総研入所後は新規微生物の探索や有用機能開発などに携わりつつ、近江谷博士とのノルウェーでのフィールドワークを機に、2010年頃から発光生物研究の世界にも足を踏み入れ、現在に至っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)