• CD

THE SHOW/YOHJI YAMAMOTO COLLECTION MUSIC by Yukihiro Takahashi

商品番号 COCB-54331
予定税込価格 3,300円
発売予定日 2021年6月23日
特典・初回仕様について
「封入特典」以外の商品の外付けとなる特典(ポスターなど)は、本画面で明記されている場合を除き、基本的にお付けできません。
「初回仕様」は、商品名に明記されている場合を除き、発売日以降のご注文でのご指定はできません。予めご了承ください

商品内容

ディスク枚数

1

収録曲数

1

メーカー

コロムビア・マーケティング

レーベル

日本コロムビア

おすすめコメント

1990年代中期、世界的ブランドYohji Yamamotoのパリ・コレクションのために、THE BEATNIKS(高橋幸宏 × 鈴木慶一)、高橋幸宏が、それぞれ書き下ろしたショー音楽を収録した2作品が復刻!

1996年にリリースされたTHE BEATNIKSによるYohji Yamamoto Pour Hommeの音楽は、激しいドラムのリズムとギターの掛け合いによるオープニングから、ときにインダストリアル、ときにロック、ときにロマンティック、そしてそこかしこから感じられるユーモアといった渋めのバラエティ感。「THE SHOW VOL.4」としてリリースされた本作は、久しく復刻のリクエストの声が上がっていたが、その音は2021年の今も色あせることはありません。

高橋幸宏がYohji Yamamotoのコレクション音楽を最初に担当したのは、1980年代後期。以来、密接な関係をもって互いのクリエイティビティを刺激しあってきた山本耀司と高橋幸宏のふたりが、新たにパリ・コレクションの舞台で手を組み、「THE SHOW VOL.6」としてコンパイルされた本作は、緊張感溢れるオープニングから音のレイヤーが重なって行くにしたがって、絵画のようにひとつの世界が構築されていくという、高橋幸宏作品の中でもあまり類を見ない作品として、ファンの間では高い評価を集めています。
両作は、当時山本耀司と高橋幸宏らによって設立されたコンシピオ・レコードからリリースされ、耳のすぐれた音楽ファンの間で高い評価を集めました。
エレクトロニカの嚆矢として今なお刺激的ともいえるこの2作品が、砂原良徳による最新マスタリング盤でリリース。
今も時代の先端を走り続けるYohji Yamamotoのブランドイメージと相乗し、音楽的にも革新的かつ斬新なこのマスターピース2作品の、最新技術で甦った音像にあらためて触れてみてください。

曲目リスト

ディスク1

1未定 (高橋幸宏)