• 本

パッと頭に入る年金・保険新常識 最新版

スーパー図解

出版社名 実業之日本社
出版年月 2000年2月
ISBNコード 978-4-408-10371-6
4-408-10371-3
税込価格 1,650円
頁数・縦 206P 21cm

商品内容

要旨

本書は、大変革期にあるわが国の社会保障制度を、読者が無理なく把握できるようまとめたもの。年金(公的年金と企業年金を含む私的年金)を始め、医療保険、介護保険、労働保険(労災保険と雇用保険)の、それぞれの仕組みを理解しやすいものにするため、できる限り「わかりやすい解説」に努めると同時に「ビジュアルな図解」を最大限重視した。

目次

第1章 公的年金制度の仕組みはこうなっている(年金は何を目的とした制度か―国民の老後の生活を保障するためのもの
国民年金の仕組みはどうなっているか―20歳以上60歳未満のすべての国民が加入を義務づけられている
公的年金制度が2階建てといわれる理由は―基礎年金に上乗せして厚生年金や共済年金がある ほか)
第2章 公的医療保険と介護保険の仕組みはこうなっている(公的医療保険とはどのような制度か―すべての国民がいずれかの医療保険に加入している
サラリーマン世帯が加入する健康保険の仕組みとは―月収に応じた保険料を支払うことで医療サービスを受けられる
パートタイマーや派遣社員の医療保険はどうなっているか―常的雇用関係があれば健康保険が適用される ほか)
第3章 企業年金と個人年金の仕組みはこうなっている(企業年金とはどのような制度か―従業員の年金額を上乗せするため、企業が独自に設けている制度
厚生年金基金はどのように運営されているか―厚生年金の一部を代行し、さらに年金額を上乗せする
厚生年金基金が危機的状況を迎えている理由―退職一時金を含む積立不足は80兆円に及ぶといわれている ほか)
第4章 労災保険と雇用保険の仕組みはこうなっている(労災保険の仕組みはどうなっているか―仕事中の病気やケガを補償する公的保険のこと
労災の認定がおりるのはどのような状態のときか―認定がおりるのは仕事かどうかが決め手になる
外国人労働者にも労災は適用されるか―不法就労の外国人労働者であっても、労災に加入しなければならない ほか)