• 本

都道府県出先機関の実証研究 自治体間連携と都道府県機能の分析

出版社名 法律文化社
出版年月 2018年5月
ISBNコード 978-4-589-03928-6
4-589-03928-1
税込価格 5,616円
頁数・縦 228P 22cm

商品内容

目次

序章 重層的な自治体間連携と都道府県機能の再検討
第1章 地方自治制度と都道府県出先機関の機能
第2章 都道府県出先機関の組織と予算のサーベイ:都道府県に対するアンケート調査をもとにして
第3章 地域産業振興政策における都道府県出先機関の機能分析:都道府県出先機関に対するアンケート調査をもとにして
第4章 都道府県出先機関の実証分析:長野県の松本地方事務所の事例をもとにして
第5章 都道府県出先機関の事例分析:愛媛県地方局と鳥取県総合事務所の事例をもとにして
第6章 地域産業振興政策における都道府県出先機関と自治体間連携:長野県諏訪地域を事例として
第7章 都道府県と政令市の「二重行政」と自治体間連携:制度改革論から調整・連携論に向けて
終章 「地方創生」と自治体間連携

著者紹介

水谷 利亮 (ミズタニ リアキ)  
下関市立大学経済学部教授、行政学/地方自治論。大阪市立大学大学院法学研究科後期博士課程単位取得退学。高知短期大学社会科学科助教授等を経て、2011年より現職
平岡 和久 (ヒラオカ カズヒサ)  
立命館大学政策科学部教授、財政学/地方財政論。大阪市立大学大学院経済学研究科後期博士課程単位取得退学。高知大学人文学部助教授等を経て、2006年より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)