• 本

沈みゆく大国アメリカ

集英社新書 0763

出版社名 集英社
出版年月 2014年11月
ISBNコード 978-4-08-720763-7
4-08-720763-3
税込価格 792円
頁数・縦 206P 18cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

鳴り物入りで始まった医療保険制度改革「オバマケア」は、恐るべき悲劇をアメリカ社会にもたらした。「がん治療薬は自己負担、安楽死薬なら保険適用」「高齢者は高額手術より痛み止めでOK」「一粒一〇万円の薬」「自殺率一位は医師」「手厚く治療すると罰金、やらずに死ねば遺族から訴訟」。これらは、フィクションではない。すべて、超大国で進行中の現実なのだ。石油、農業、食、教育、金融の領域を蝕んできた「一%の超・富裕層」たちによる国家解体ゲーム。その最終章は、人類の生存と幸福に直結する「医療」の分野だった!

目次

序章 「一パーセントの超・富裕層」たちの新たなゲーム
第1章 ついに無保険者が保険に入れた!(がん治療薬は自己負担、安楽死薬なら保険適用
自己破産理由のトップは「医療費」 ほか)
第2章 アメリカから医師が消える(保険証を握りしめながら医師の前で死亡
自殺率トップは医師 ほか)
第3章 リーマンショックからオバマケアへ(ゲーム必勝法「回転ドアをくぐれ!」―オバマケア設計者と愉快な仲間たち
笑いが止まらない人々―保険会社編 ほか)
第4章 次のターゲットは日本(オバマケアと日本の皆保険制度はまったく違う!
消費税増税で病院がつぶれる!? ほか)

出版社・メーカーコメント

農業、食、教育、金融の領域を蝕んできた「1%の超富裕層」たちによる国家解体ゲーム。その最終章は、人類の生存と幸福に直結する「医療」の分野だった!

著者紹介

堤 未果 (ツツミ ミカ)  
ジャーナリスト、東京生まれ。ニューヨーク市立大学大学院で修士号取得。2006年『報道が教えてくれないアメリカ弱者革命』で黒田清日本ジャーナリスト会議新人賞を受賞。2008年『ルポ貧困大国アメリカ』で日本エッセイスト・クラブ賞、新書大賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)