• 本

泉鏡花〈怪談会〉全集 影印

出版社名 春陽堂書店
出版年月 2020年5月
ISBNコード 978-4-394-19004-2
4-394-19004-5
税込価格 4,950円
頁数・縦 450P 21cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

空前の怪談会ブームのいま、よみがえる大いなる原点の書。アニメや舞台化でも話題を呼ぶ、不朽の文豪、泉鏡花。彼が関わった春陽堂系の三大「怪談会」を、初出時の紙面を復刻することで完全再現。巻頭に特別インタビュー「京極夏彦、鏡花を語る」も掲載。

目次

インタビュー 京極夏彦、鏡花を語る
影印『怪談会』(熊田茂八編、柏舎書楼、明治四十二年十月刊行)
おばけと鏡花と春陽堂(東雅夫)
影印「怪談百物語」
“鏡花会”とその周辺(穴倉玉日)
影印「怪談会」(「新小説」大正十三年四月号/五月号掲載)
附録(吉原で怪談会(「国民新聞」明治四十二年八月二十六日木曜日)
遠野の奇聞(泉鏡花)(「新小説」明治四十三年九月/十一月号掲載)
父の怪談(岡本綺堂)(「新小説」大正十三年六月号掲載))

著者紹介

東 雅夫 (ヒガシ マサオ)  
1958年神奈川県生まれ。文芸評論家、アンソロジスト。「幻想文学」「幽」の編集長を歴任。主な著書に『遠野物語と怪談の時代』(日本推理作家協会賞受賞)などがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)