• 本

はつらつと老いる力

ベスト新書 599

出版社名 ベストセラーズ
出版年月 2019年1月
ISBNコード 978-4-584-12599-1
4-584-12599-6
税込価格 929円
頁数・縦 215P 18cm

商品内容

要旨

世の中にあふれる健康法の多くは、病気を怖れて「これは危ない」「あれはやめよう」など、あれこれ制限をしてしまいがちです。しかしこれでは毎日がただ苦しいだけで、生きる喜びが失われてしまいます。こうした健康法は決して長続きしません。病気にならないよう、びくびくと生きるのではなく、日々の生活で「こころ」をときめかせながら、毎日前進する気持ちで取り組めるものこそが、本当の健康法ではないでしょうか。本書は、病気や死を怖れず、いつか来る旅立ちの瞬間まで、人生を謳歌するための指南書としてしたためたものです。

目次

1 「こころ」の章
2 「いのち」の章
3 「生」の章
4 「気」の章
5 「老い」の章
6 「死」の章

おすすめコメント

自らの病院での診療をはじめ、テレビ、ラジオへの出演や全国での講演活動に大忙しの82歳の現役医師が、人生の折り返し点を通過したシニア層に向けて、健康と人生、死についての考え方を根本から変えることに迫る一冊。FM西東京の人気長寿番組『達者で生きる』の内容を元に構成。

著者紹介

帯津 良一 (オビツ リョウイチ)  
1936年生まれ。東京大学医学部卒業。医学博士。帯津三敬病院名誉院長。日本ホリスティック医学協会名誉会長。日本ホメオパシー医学会理事長。東京大学医学部第三外科、都立駒込病院勤務を経て、1982年に帯津三敬病院、2005年に帯津三敬塾クリニックを開設する。西洋医学と東洋医学を融合する「ホリスティック医学」を実践し、ガン患者などの治療に当たっている。また、代替療法への造詣が深く、講演や大学での講義も行なっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)