• 本

不確定性原理 運命への挑戦 新装版

ブルーバックス B−1385

出版社名 講談社
出版年月 2002年9月
ISBNコード 978-4-06-257385-6
4-06-257385-7
税込価格 1,100円
頁数・縦 270P 18cm
シリーズ名 不確定性原理

商品内容

要旨

ニュートン力学によれば、初期状態がわかっていれば、悠々たる天体の運行から人間の生命にいたるまで、あらゆる自然現象の未来が完全に予測できるはずだ。この絶対的とも思われる古典力学に立ち向かい、結末は確率的にしか決定されないとする不確定性原理を掲げ、量子力学の本質に鋭く迫る。たとえ話がとてつもなく面白く、わかりやすい。

目次

序章 巨人の星
第1章 ラプラスの悪魔
第2章 ある思考実験
第3章 hの不思議
第4章 因果律の崩壊
第5章 忍術と不確定性原理
第6章 シュレーディンガーの猫
終章 SF戦争

おすすめコメント

都筑卓司氏のベストセラー新装版刊行! すべてのものの未来は既に確定しているか? ニュートン力学によれば、初期状態がわかっていれば、悠々たる天体の運行から人間の生命にいたるまで、あらゆる自然現象の未来が完全に予測できるはずだ。この絶対的とも思われる古典力学に立ち向かい、結末は確率的にしか決定されないとする不確定性原理を掲げ、量子力学の本質に鋭く迫る。たとえ話がとてつもなく面白く、わかりやすい!

出版社・メーカーコメント

原因から生じる結果は本当に一つか?あらゆるものが筋書きどおりに動いているとする因果律の絶対性を破る革命的物理理論・不確定性原理を考察。都筑卓司のベストセラー、一挙6冊新装版刊行の第4弾

著者紹介

都筑 卓司 (ツズキ タクジ)  
1928年浜松市生まれ。海軍兵学校、旧制一高から東京文理科大学物理学科へとすすみ、同大学院では統計力学を専攻。物理学の全分野にわたって幅広い知識をもつ。横浜市立大学で教鞭をとり、同大学名誉教授。2002年7月惜しくも逝去された(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)