• 本

東大寺美の小箱 杉本健吉画文集

出版社名 求竜堂
出版年月 2010年2月
ISBNコード 978-4-7630-1010-0
4-7630-1010-7
税込価格 3,300円
頁数・縦 127P 27cm

商品内容

目次


散華
絵馬
お水取り
東大寺幻想
東大寺を描く/杉本健吉・撮る/入江泰吉
座談会 東大寺と杉本さん

おすすめコメント

遷都1300年記念出版!東大寺の全面協力、監修。散華、絵馬、お水取り、風景… 東大寺が発信する美の世界を所縁の深い画家・杉本健吉と写真家・入江泰吉により初めて編纂した類例ない一書。

著者紹介

杉本 健吉 (スギモト ケンキチ)  
1905(明治38)年生まれ。1923(大正12)年愛知県立工業学校を卒業。1925(大正14)年岸田劉生に弟子入り。1931(昭和6)年より、国画会展に出品するようになり、その後、昭和44年の第四十三回展まで、終戦の年の会の休止を除いて、毎年出品を続ける。昭和12年、第十二回展では『キャンピング』『雪渓』『パジャマの子供』が入選し、国画奨学賞を、昭和18年、第十八回展では『羅漢』『平等院』『羅漢堂』を出品し、佐分賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)