• 本

教科書で出会った名詩一〇〇

新潮文庫 し−24−1 新潮ことばの扉

出版社名 新潮社
出版年月 2014年11月
ISBNコード 978-4-10-127451-5
4-10-127451-7
税込価格 572円
頁数・縦 231P 16cm

商品内容

要旨

教室で、街角で、テレビで。私たちの心に確かに刻まれ、いつしか忘れてしまった美しい日本語の響きが、小さな文庫本という扉を開いた途端、次々に溢れ出します。一九五〇年代から二〇一〇年代の各世代が愛した名詩を精選し、一冊にした新潮文庫百年記念アンソロジー。

目次

1 人間の不思議に触れる詩(こだまでせうか(金子みすゞ)
雪(三好達治) ほか)
2 自然の美しさを感じる詩(山林に自由存す(国木田独歩)
荒城の月(土井晩翠) ほか)
3 苦しみを乗り越える詩(椰子の実(島崎藤村)
小景異情(その二)(室生犀星) ほか)
4 ことばの響きを味わう詩(落葉(ヴェルレエヌ/上田敏訳)
漂泊(伊良子清白) ほか)
5 心が浮き立つ詩(春のうた(草野心平)
一日のはじめに於て(山村暮鳥) ほか)

著者紹介

石原 千秋 (イシハラ チアキ)  
1955(昭和30)年生れ。成城大学大学院文学研究科国文学専攻博士課程中退。早稲田大学教育学部教授。日本近代文学専攻。現代思想を武器に文学テキストを分析、時代状況ともリンクさせた“読み”を提出し注目される(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)