• 本

大岡忠相 江戸の改革力吉宗とその時代

集英社文庫 と12−25

出版社名 集英社
出版年月 2015年10月
ISBNコード 978-4-08-745377-5
4-08-745377-4
税込価格 968円
頁数・縦 531P 16cm

商品内容

要旨

テレビドラマでおなじみの大岡越前こと、大岡忠相。第八代将軍吉宗の時代に江戸町奉行として江戸の改革に尽力した人物。江戸町奉行とは、今でいう東京都知事、警視総監、消防総監、東京地方裁判所の所長などの重要ポストが合わさった役職。忠相は、吉宗の享保の改革の重要な部分を担うことに。関東地方の農業振興、町火消しの設置など、お白州裁きだけでない、その知られざる偉業に迫る歴史評伝。

目次

町奉行の前に普請奉行
江戸城の鬼から家と本をとりあげる
変化の道は一歩一歩
関東地方の農業振興も職務に
吉宗の求める高齢者公務員像
老中筆頭に水野忠之
ひらかれた江戸にしよう
町火消を創設
大岡裁きはじまる
頓智裁き集〔ほか〕

出版社・メーカーコメント

第八代将軍吉宗の時代に、その懐刀として改革を推進していたのが、大岡忠相だった。彼は関東の農地改革をして生産力を上げ、小石川療養所を設置し、町火消しを整備した。ビジネスマン必読の書。

著者紹介

童門 冬二 (ドウモン フユジ)  
1927年10月東京生まれ。44年海軍士浦航空隊に入隊するが翌年終戦。戦後は、東京都庁に勤務。知事秘書、政策室長などを歴任。退庁後は歴史小説やエッセイを執筆。『全一冊 小説 上杉鷹山』はビジネスマン必読の書としてベストセラーに。その他に、組織と人間をテーマに講演活動も積極的に行う(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)