• 本

神の時空(とき) 〔8〕

京の天命

講談社文庫 た88−49

出版社名 講談社
出版年月 2020年2月
ISBNコード 978-4-06-518351-9
4-06-518351-0
税込価格 748円
頁数・縦 313P 15cm
シリーズ名 神の時空(とき)

商品内容

要旨

松島、天橋立、宮島。日本三景と呼ばれる名勝が次々と倒壊、炎上する。日本中の主な神社を破壊し、そこに封じられている怨霊を揺り起こしてきた高村皇の最大の仕掛けが始まる。八年前、天橋立で起きた観光バス転落事故は、高村によるものだったのか。神々を鎮めに辻曲兄妹らが全国に散る。シリーズ完結!

おすすめコメント

松島、天橋立、宮島。倒壊する日本三景。列島を包囲する結界の謎。歴史ミステリ−の傑作シリーズ最終巻。

著者紹介

高田 崇史 (タカダ タカフミ)  
昭和33年東京都生まれ。明治薬科大学卒業。『QED 百人一首の呪』で、第9回メフィスト賞を受賞し、デビュー。歴史ミステリを書きつづけている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)