• 本

怪奇小説集 〔1〕

蜘蛛

角川文庫 え2−17

出版社名 KADOKAWA
出版年月 2021年8月
ISBNコード 978-4-04-111637-1
4-04-111637-6
税込価格 858円
頁数・縦 368P 15cm
シリーズ名 怪奇小説集

商品内容

要旨

人一倍怖がりな著者が、フランスと日本で遭遇した3つの怪現象とその恐怖を、迫真の筆致でつづる「三つの幽霊」。写真に写るたび、なぜか自分の顔に奇妙なアザが浮かび上がる―古道具屋で購入したカメラを巡る謎を追う「黒痣」。雨の夜、タクシーの同乗者が突然始めた不気味な話にゾワリ鳥肌が立つ「蜘蛛」など15篇の恐怖譚。“怖すぎて忘れられない1冊”と、ホラーをこよなく愛する作家たちが絶賛する不朽の名作が、新装版で登場!

出版社・メーカーコメント

怖がりで有名だった著者が厳選した恐怖譚。幻の名作が新装版で登場!フランスと日本で遭遇した3つの怪現象をつづる「三つの幽霊」。夜道を疾走するタクシーの中で、運転手が突然話し始めた奇妙な話に震撼する「蜘蛛」」など、怪異とともに人間が抱える闇を抉る14篇を収録。

著者紹介

遠藤 周作 (エンドウ シュウサク)  
1923年東京生まれ。慶應義塾大学仏文科卒業。リヨン大学に留学。55年『白い人』で第33回芥川賞を受賞。66年『沈黙』で第2回谷崎潤一郎賞受賞他、数多くの文学賞を受賞。96年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)