• 本

マルクスのアクチュアリティ マルクスを再読する意味

出版社名 新泉社
出版年月 2006年10月
ISBNコード 978-4-7877-0609-6
4-7877-0609-8
税込価格 2,750円
頁数・縦 267P 20cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

権威として祭り上げられた「20世紀のマルクス」ではなく、先の見通せない時代の中で悪戦苦闘を続けた「19世紀のマルクス」の歴史的・思想史的コンテクストを多角的に検証するなかから、21世紀におけるマルクス再読の意味をアクチュアルに考える。

目次

1 マルクスのアクチュアリティ(二一世紀にマルクスを再読する意味
「世界を変革すること」と「解釈すること」 ほか)
2 歴史認識の方法(社会の建築術―「土台と上部構造」という隠喩の系譜
重層的決定と偶然性―あるいはアルチュセールの孤独 ほか)
3 経済学批判の歴史的位置(ドイツ初期社会主義と経済学
マルクスとエンゲルスの経済学批判 ほか)
4 21世紀のマルクス論(二〇世紀のマルクス論
世紀転換期のマルクス研究―一九九八年から二〇〇三年まで ほか)

著者紹介

植村 邦彦 (ウエムラ クニヒコ)  
1952年愛知県生まれ。1981年一橋大学大学院博士課程修了(社会学博士)。関西大学経済学部教授(社会思想史)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)