• 本

プロセス・コンサルテーション 援助関係を築くこと

出版社名 白桃書房
出版年月 2002年3月
ISBNコード 978-4-561-13140-3
4-561-13140-X
税込価格 4,400円
頁数・縦 349P 22cm

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

商品内容

要旨

健全な援助関係は効果的なコンサルテーションを行うのに不可欠である。助言者がODコンサルタントであろうと、あるいはセラピスト、ソーシャルワーカー、管理者、親、友人であろうと、助言者と被助言者との間のダイナミクスを理解し管理するのは容易ではない。コンサルタントとしての40年を越える経験をもとに、シャインは援助の一般理論と方法論を構築している。これによって、さまざまな読者集団が、うまく援助プロセスを進めていくことができるようにしてある。

目次

第1部 プロセス・コンサルテーションの定義(プロセス・コンサルテーションとは何か?
援助関係における心理力動
立場を均等化するプロセスとしての積極的質問と聴き取り
クライアントの概念)
第2部 隠れた力とプロセスを読みとること(内面のプロセス:ORJI
対面関係の力動:相互作用とコミュニケーションの文化的なルール)
第3部 学習サービスの提供における介入(コミュニケーションと計画的なフィードバック
促進的なプロセス介入:集団における課題プロセス
促進的なプロセス介入)
第4部 プロセス・コンサルテーションの実際(実際のコンサルテーション:参加、環境、方法、および心理的契約
プロセス・コンサルテーションと援助関係の展望)

著者紹介

シャイン,エドガー・H. (シャイン,エドガー・H.)   Schein,Edgar H.
マサチューセッツ工科大学スローン・フェローの名誉教授であり、またスローン・スクールの上級講師。まずシカゴ大学で学士号を取得し、ついでスタンフォード大学で修士号を取得した。アメリカ経営学会およびアメリカ心理学会の会員であり、アメリカ国内及び海外で多くの企業や政府に対して経営及び組織開発のコンサルタント活動を行ってきた
稲葉 元吉 (イナバ モトキチ)  
1968年東京大学大学院経済学研究科博士課程単位取得。1981年横浜国立大学経営学部教授、学部長、大学院研究科長を経て、現在、成城大学経済学部教授、横浜国立大学名誉教授。この間マサチューセッツ工科大学スローン・スクール客員研究員
尾川 丈一 (オガワ ジョウイチ)  
1982年慶応義塾大学経済学部卒業。1993年慶応義塾大学大学院社会学研究科博士課程社会学専攻(所定単位取得退学)。現在、(学)大原学園米国資格系講座開発課長。Saybrook Graduate School&Rollo May Research Center博士課程組織システム専攻(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)