• 本

つながっているのに孤独 人生を豊かにするはずのインターネットの正体

出版社名 ダイヤモンド社
出版年月 2018年9月
ISBNコード 978-4-478-02610-6
4-478-02610-6
税込価格 3,080円
頁数・縦 566P 19cm

書籍ダイジェスト配信サービス SERENDIP 厳選書籍

要旨

インターネットはたくさんの「つながり」を作り出した。また、近年では人と触れ合うロボットが登場し、多くの人を癒している。これらのテクノロジーは私たちのビジネスや生活を便利に、人生をより豊かにしたと思われている。だが本当にそうなのだろうか。私たちは「孤独」から逃れられているのか。本書では、インターネットによる「つながり」と、AIBO、パロといった、子どもたちや高齢者などの“友人”となるソーシャル・ロボットが、私たちの人間関係や心をどのように変えていくかを、著者の長年にわたる観察や研究をもとに論じている。多数の事例を紹介しながら解き明かされるのは、私たちは互いにつながっていたとしても、そこに人間らしい親愛の情はなく、どこまでも「孤独」であるということだ。著者は臨床心理学者で、マサチューセッツ工科大学(MIT)科学技術社会論の教授。1980年代からテクノロジーが人間にどのように影響を与えるかを研究し続けている。
※要旨の情報〔社会情勢、著者経歴など〕は、作成日当時のものです。
以降内容が変わっている場合があります。[要旨作成日:2018年11月2日]

この商品を買った人は、こちらにも興味をもっています

おすすめコメント

スマートフォン、ソーシャルメディア、そしてロボット……。あなたの心を満たすテクノロジーこそが、あなたから「人間らしさ」を奪っていく。TEDの再生回数350万回超のMIT人気教授が語る、テクノロジーが人間関係に及ぼす「今そこにある危機」とは? 全世界に影響を与えた伝説の名著、ついに邦訳。