• 本

〈ポスト3.11〉メディア言説再考

出版社名 法政大学出版局
出版年月 2019年3月
ISBNコード 978-4-588-67522-5
4-588-67522-2
税込価格 5,060円
頁数・縦 366,5P 22cm

商品内容

要旨

震災後の社会的変容を文化から読みとく。新聞やテレビといったマスメディアだけではなく、現代芸術や文学、ツイッター、動画、遺構など多様な事例を対象とした学際的研究。

目次

第1部 メディアとしてのアーカイブ(記憶メディアとしての災害遺構―3.11の記憶術
市民の記録映像に見る被災の差異―せんだいメディアテークの映像アーカイブより)
第2部 浮遊するメディア言説、隠された現実(「安全安心」の創造―お札効果とその構造
震災関連死の原因について ほか)
第3部 挑戦的メディア、「芸術」そして「文学」(3.11以後の芸術力
写真家の使命―畠山直哉の「転回」から考える ほか)
第4部 映画、二〇世紀メディアの王道(『シン・ゴジラ』と『絆 再びの空へ』―二人のゴジラ監督は津波と原発事故をどう「記憶/忘却」したか
喪失と対峙する―震災以後の喪の映画における移動性 ほか)
第5部 イコン性メディア、マンガ&アニメーション(放射性物質の表象―見えないものを見ること、見えるようにすること
破局と近視―宮崎駿『風立ちぬ』について)

著者紹介

ワダ・マルシアーノ,ミツヨ (ワダマルシアーノ,ミツヨ)   Wada‐Marciano,Mitsuyo
京都大学大学院文学研究科教授(映像・メディア学)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)