トップ >  文学賞 >  日本古典文学会賞


日本古典文学会賞

1件〜20件 (全31件)
0031回 平成17年度
小山順子   「藤原良経『六百番歌合』恋歌における漢詩文摂取」
中野貴文   「『徒然草』第一部の文学史的性格について」
宮本圭造   「上方能楽史の研究」
吉野朋美   「後鳥羽院の実朝懐柔と和歌−−建保三年『院四十五番歌合』につ
0030回 平成16年度
神津武男   論文「浄瑠璃本の刊行日」ほか
佐藤かつら   「明治初期における新聞と歌舞伎」ほか
鈴木彰   「『蜷川家文書』にみる軍記物語享受の諸相とその環境」ほか
0029回 平成15年度
小林ふみ子   「大田南畝『七観』をめぐって−詩文と戯作」ほかの研究
盛田帝子   「光格天皇と宮廷歌会−寛政期を例に」など一連の研究に対して
0028回 平成14年度
柴佳世乃   「明覚と『読経道』」ほかの研究に対して
0027回 平成13年度
佐藤至子   「趣向としての当世風景−文政期合巻の一面」などの一連の研究
田中康二   村田春海の研究 /汲古書院
0026回 平成12年度
川平敏文   「鳬舟子閑寿は青木鷺水に非らず−和学者覚書−」ほかの研究に関
小秋元段   「五十川了庵の『太平記』刊行−慶長七年刊古活字を中心に」など
0025回 平成11年度
石井倫子   風流能の時代 金春禅鳳とその周辺 /東京大学出版会
小川剛生   室町期の即位灌頂−東山御文庫蔵「後福照院関白消息」をめぐって
0024回 平成10年度
池澤一郎   「近世中期の文人画家、浦上玉堂の研究」など
鈴木元   室町の歌学と連歌 /新典社
横山泰子   江戸東京の怪談文化の成立と変遷 十九世紀を中心に /風間書房
0023回 平成9年度
伊東玉美   院政期説話集の研究 /武蔵野書院
堀川貴司   「禅林の文学とその周辺」ほかの研究
神作研一   「一枝軒野村尚房の伝と文事」ほかの研究
0022回 平成8年度
浅田徹   「俊成の古今問答をめぐって」などの研究
小林一彦   「康元元年の藤原光俊」−鹿島社参詣と稲田姫社十首をめぐって
福田安典   「亨保三年京の一夜」−都賀庭鐘の周辺
0021回 平成7年度
久保田啓一   「歌論と添削−冷泉為村の実作指導理念」「冷泉家の復興と冷泉門
佐々木孝浩   「鞠聖藤原成通影供と飛鳥井家の歌鞠二道」ほか一連の研究に関し
0020回 平成6年度
鈴木健一   「霊元院歌壇年表稿」ほか一連の近世和歌に関する研究について
藤原英城   月尋堂と八文字屋−その匿名作家としての可能性」ほか一連の浮世
0019回 平成4年度
田渕句美子   「藤原長綱について−『前権典厩集』と『藤原長綱集』」および中
塩村耕   「津田休甫と若衆歌舞伎縁起巻」ほか一連の研究について
石川透   「室町物語と幸若舞曲−『かわちかよひ』と『伏見堂盤』」および
0018回 平成3年度
中川博夫   「藤原教定について−関東シ候の延臣歌人達」と一連の中世和歌に
荒木浩   「〈次弟不同〉の物語−宇治拾遺物語の世界」ほかの研究について
山本秀樹   「『血かたびら』臆断−秋成物語論の実践」ほか一連の秋成研究に
0017回 平成2年度
鉄野昌弘   「転換期の家持−『臥病』の作をめぐって」ほか一連の家持研究に
小林直樹   「『三国伝記』の方法−別伝接続と説話連関をめぐって」ほか一連
0016回 平成元年度
岩坪健   「源氏物語の二段階伝授について−河内方と四辻善成・一条兼良を
渡部泰明   「藤原俊成における『姿』−〈一句引用〉の姿について」ほか中世
田中貴子   「〈玉女〉の生成と限界−『慈鎮和尚夢想記』から『親鸞夢記』ま
0015回 昭和63年度
高木元   「江戸読本の形成−貸本屋の出板をめぐって」ほか一連の読本研究
落合博志   世阿弥伝書「五位」ならびに清原良賢の研究に関して
品田悦一   「短歌成立の前史・試論」ほか一連の万葉集研究に関して
0014回 昭和62年度
荻原千鶴   「女鳥王物語と春日氏后妃伝承の定着」及び一連の女鳥王説話の研
田坂憲二   「源氏物語注釈」に関する多年の業績に対して
藤原克巳   「平安朝の漢文学」ほかに関して
0013回 昭和61年度
山崎福之   「『万葉集』巻十六の漢語−『劇欹』をめぐって」ならびに過去の
0012回 昭和60年度
黒田彰   「酒呑み童子と白猿伝−唐代伝寄と御伽草子」等ならびに過去の業
生形貴重 他   「四部合戦状本平家物語評釈」ならびに過去の業績に関して
1件〜20件 (全31件)