トップ > 書店ホームページ >
ほんのいえ宮脇書店越谷店のレビュー

書店ホームページを見る

1 2 3 4 5 次の5ページ>>

掲載レビュー全399件
 
沈黙のパレード
東野圭吾/著
文藝春秋
税込価格  1,836円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
沈黙のパレード
おすすめ度:
超人気ガリレオシリーズの最新書き下ろし作品。失踪した歌手を目指していた女性をめぐる復讐劇。科学的トリックに複雑な人間模様が絡み合い、二転三転として読む手を休ませない東野圭吾のストーリーテラーぶりはさすが。あまりの密度の濃さに、長編であることをついぞ忘れさせてしまうほどの吸引力は東野作品ならではだろう。映像化間違いなし。今のうちに読んでしまって、アメリカ帰りのガリレオとの再会を楽しみに待ちましょう。 (2018年12月09日)
日本国紀
百田尚樹/著
幻冬舎
税込価格  1,944円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
日本国紀
おすすめ度:
百田尚樹の壮大にして渾身の歴史書である。学校の教室でハンを押したように教えこまれた歴史ともう一度向き合う機会を与えられる思いがする。圧倒的な筆力で語られるわが国の2000年の歴史の奥深さに一層の興味がわいてくる。同時に誇りに思う気持ちもわいてくる。筆者の術中にはまってしまう悔しさを味わいつつも、残りページが減っていくのが残念なほどの魅力ある一冊。平成が終わろうとするこの大きな節目に、自国の歴史をしっかりと学ぶにふさわしい、まさに歴史的名著といえそうだ。 (2018年12月02日)
ナナメの夕暮れ
若林正恭/著
文藝春秋
税込価格  1,296円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
ナナメの夕暮れ
おすすめ度:
オードリー若林の最新エッセイ集。若林は知る人ぞ知る、物書きさんなんです。雑誌「ダ・ヴィンチ」の連載分に、新たな書き下ろしを大幅にプラス。初エッセイ集がベストセラーに、続く2作目の前作の旅行エッセイで賞までとっただけに、エッセイストとしてもタダものではないことが証明されている。これがその後を受けての待望の発刊。感性はもとより、ボキャブラリーがじつに豊富である。感じること、そしてそれをコトバで、文字で伝える才能があるのだろう。40歳を前にした芸人、いや人間としての新境地が綴られている。 (2018年10月14日)
下町ロケット 〔4〕
ヤタガラス
池井戸潤/著
小学館
税込価格  1,620円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
下町ロケット 4 ヤタガラス
おすすめ度:
大人気「下町ロケット」シリーズの待ってましたの第4弾。今秋スタートのTVドラマ化でも前評判一押しの原作小説だ。物語は大きく展開する。あらたなライバル企業の出現。プライドをかけた熱き戦い、たぎる情熱が読むものにも伝わってきて、読み応えは十分。目が離せない展開からクライマックスへといざなう池井戸作品の真骨頂がここでも堪能できます。テレビの進展に待ちきれなくなるでしょう。イッキ読みしちゃってください。絶対に裏切りません。 (2018年10月13日)
コーヒーが冷めないうちに
川口俊和/著
サンマーク出版
税込価格  1,404円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
コーヒーが冷めないうちに
おすすめ度:
9月21日に東宝系で待望の映画化が決定。有村架純ちゃんがスクリーンで見られるとあって、前評判から盛り上がっている。その大人気シリーズの原作なのでこれは見逃せない。過去に戻れるという不思議な都市伝説がある喫茶店「フニクリフニクラ」が舞台。過去に戻るにはちょっと面倒なルールがあるが、それがまたストーリーに深さを感じさせてくれる。切なくも心あたたまる4つの物語。劇団の舞台演出家の川口俊和さんの作とあって、読んでいるだけでも、物語の展開が目に浮かぶよう。この秋、本屋大賞にもノミネートされた話題作を、映画とともにご堪能ください。 (2018年10月07日)
思い出が消えないうちに
川口俊和/著
サンマーク出版
税込価格  1,512円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
思い出が消えないうちに
おすすめ度:
「コーヒーが冷めないうちに」のシリーズとして100万部を突破した。その人気作の待望の第3弾最新作。今回もとびっきりの4つの物語が盛り込まれている。ちょっとばかり面倒くさいルールがあるが、それを条件に過去に戻れるという喫茶店。そんな都市伝説のある物語の舞台は、北海道の坂の街、函館「喫茶ドナドナ」。過去に戻ることで、人は何を思い、何を伝えようとするのか。切なさいっぱいのエンディングまで楽しんでください。 (2018年10月07日)
下町ロケット 〔3〕
ゴースト
池井戸潤/著
小学館
税込価格  1,620円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
下町ロケット ゴースト
おすすめ度:
池井戸潤の大人気代表作シリーズが再び帰ってきた。最新作第三弾、そして早くもこの後には第四弾がスタンバイしている。数々の挫折に屈しない男たちの下町での戦いに新たな挑戦が始まる。お馴染みの佃製作所の個性派キャラの面々にも、動きが出てきた。大きな期待を裏切らない展開が待っています。目の前にはドラマ化が決定、さらには本作の後編になりそうな第四弾も仕込まれている。この機を逃さずに読んでいただきたい。初めての読者にも、これまでの展開や設定がわかりやすいので、躊躇せずに飛び込んでもらいたい。 (2018年09月17日)
ファーストラヴ
島本理生/著
文藝春秋
税込価格  1,728円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
ファーストラヴ
おすすめ度:
第159回直木賞受賞作。表紙を見て本作を恋愛小説と思うかもしれないが、これは家族小説である。親を殺してしまった女子大生。その美貌もあってかマスコミで騒がれる出来事となった。その真相を女性臨床心理士がノンフィクションで書き上げようとする。過去、秘密、深い心の闇に迫っていく。読み進むうちに、島本作品の世界にからめとられていく。意外なラスト、そして、島本作品ならではの読後感を味わってほしい。
(2018年09月09日)
送り火
高橋弘希/著
文藝春秋
税込価格  1,512円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
送り火
おすすめ度:
堂々の芥川賞受賞作!2014年度に「指の骨」で同賞候補になって、その後注目を集め続け、今回はとるべくしてとった。高い描写力と的確な文章力、と圧倒的な高評価を得ての受賞。読めば王道の純文学作品を堪能した気分に浸れる。豊かな自然を背景にして、行き場をなくした少年たちの熱のようなものを感じる。ますます芥川賞作家、高橋弘希から目を離せなくなった。 (2018年08月26日)
泥濘
黒川博行/著
文藝春秋
税込価格  1,944円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
泥濘
おすすめ度:
大人気「疫病神」シリーズの第7弾最新作。シリーズ最高傑作との声が高い。疫病神コンビの今回のターゲットは警察OB。腐りきった警察の懐にグサッと斬り込む。まあ、十分すぎるほどにヤバい感じが伝わってくるのがたまらない。直木賞作家黒川の真骨頂。「週刊文春」連載時から話題の作。疫病神ならぬヤミつき感を味わってください。 (2018年08月04日)
かみさまは小学5年生
すみれ/著
サンマーク出版
税込価格  1,296円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
かみさまは小学5年生
おすすめ度:
著者のすみれちゃんは、生まれた時から見守ってくれる神さまとお話しができるという。さらにママのお腹にいた生まれる前からの記憶があるというのだからびっくり。それをすみれちゃんが語ることで、多くの人が救われている。すみれちゃんの言葉によって、たくさんの母親を含めた大人たちが救われていること。彼女のコトバを信じるとか信じないではなく、ピュアな言葉は人の心を透明にしてくれるのです。忘れていた何かを思い起こさせてくれる言葉がつまっています。 (2018年08月01日)
未来
湊かなえ/著
双葉社
税込価格  1,814円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
未来
おすすめ度:
湊かなえワールドへようこそ!鮮烈デビュー「告白」から10周年。記念を飾るのにふさわしい力の入れようが伝わってくる。445ページというボリュームたっぷりの書き下ろし長編。もちろん読み手の手を止めさせない。20年後の未来の自分から届いた手紙に始まる出だし。ありきたりかと思いきや、そこは手練れのエンタメ作家。しっかりと読者の思惑をはずしてかかってワクワクさせる。これでもかこれでもかと攻め込んでくる湊ワールドに原点回帰を思い起こさせる。 (2018年07月29日)
ウソばっかり! 人間と遺伝子の本当の話
竹内久美子/著
ワニブックス
税込価格  1,404円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
ウソばっかり! 人間と遺伝子の本当の話
おすすめ度:
動物行動学のスペシャリストが、人間の日常行動を遺伝子レベルで科学的に解明!といっても、かたっ苦しいお話ではありません。「若い女性が痩せたがるのは」「父親と似た男性に惹かれるのは」「血液型によって決まるものとは」など、ネタ仕込みにはうってつけの一冊。なるほど、うんうんと納得しながら読み進めてしまいますよ。まずは書店で手にとって、ペラペラとめくって、つまみ読んでみてください。それだけで、ちょっとした物知り気分になりますよ。 (2018年07月22日)
LIFE アンドレス・イニエスタ自伝
アンドレス・イニエスタ/著 グレイヴストック陽子/訳
東邦出版
税込価格  1,728円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
LIFE アンドレア・イエニスタ自伝
おすすめ度:
あのイエニスタが日本へ!あまりの驚きのニュースを誰もが最初は信じられなかったかもしれない。ワールドカップでスペインを初優勝させた、生きた伝説のトッププレイヤーなのだから。サッカーボールを蹴る読者ならば、彼のサッカーノウハウが詳細に刻まれているので、これほどのお手本は他にはない。そしてボールを蹴らない読者にも、彼の人生哲学が、いかに深いかが伝わってくるはずだ。単にストイックさを求めているのではない。偉大なるひとりのサッカー選手が、なぜ偉大なのかがわかる。いちだんと内容の濃い一冊です。 (2018年07月01日)
空飛ぶタイヤ
池井戸潤/著
実業之日本社
税込価格  2,052円
 
お取り寄せ
商品詳細画面へ
空飛ぶタイヤ
おすすめ度:
初刊行以来、長きにわたって大注目のエンターテインメント巨編。こんなぶ厚い本でも読者にイッキ読みをさせてしまうのが池井戸潤作品の魅力。トレーラーから外れたタイヤで起きた事故の責任を負わされた運送会社が真相に迫っていく。これは事故にあらず、事件だと。見えざる企業の様々な姿が次々とあばかれていく。ドラマ化で話題を集める池井戸作品が、今作で初の映画化に挑む。前評判がすでにふっとうだ。新版を手に再び興奮してください。 (2018年05月08日)
青空と逃げる
辻村深月/著
中央公論新社
税込価格  1,728円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
青空と逃げる
おすすめ度:
深夜、父親が運転する交通事故に遭ったという電話がすべてのはじまりだった。これがきっかけで逃亡生活を迫られた母と息子は、高知、別府、仙台と流れていく。行く先々での土地の人との出会いや自然とのふれあいが、子どもの成長させていく。新聞連載時から話題になって、待望の単行本化が実現した。読み返しするもよし、初読みするもよしの辻村ワールドを味わってください。 (2018年05月08日)
漫画君たちはどう生きるか
吉野源三郎/原作 羽賀翔一/漫画
マガジンハウス
税込価格  1,404円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
漫画君たちはどう生きるか
おすすめ度:
80年の時を経て初のマンガ化をされた歴史的名著。本が伝える力、読書のありがたさ、言葉の強さを感じさせてくれる。これほどに読み継がれた本がほかにあるだろうか。時代背景は変わっていても、いっこうに古さを感じさせない。真実とは何か、人はどう生きるかという、生き方への真摯な問いかけを読者に投げかける。はじめてマンガ化されたことで、活字の持つ力が増幅された。子どもが大人になるまでに何度も何度も読み返す最初のきっかけを贈ってあげてください。 (2018年05月03日)
魔力の胎動
東野圭吾/著
KADOKAWA
税込価格  1,620円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
魔力の胎動
おすすめ度:
東野圭吾ファンには、待ってましたの一冊。これぞ東野作品と喜ぶ読者の顔が目に浮かぶ。映画化された長編「ラプラスの魔女」の前日譚として読むもよし、短編集としても十分な満足度。もちろん、まだお読みでない方は、今からでも「ラプラスの魔女」をおすすめします。魅力的な登場人物で、ガリレオシリーズにようなシリーズ化の予感も。ヒットメーカー東野の真骨頂。やっぱり読ませてしまう、読んでしまう、東野作品からは目が離せない。 (2018年04月30日)
おちゃめに100歳!寂聴さん
瀬尾まなほ/著
光文社
税込価格  1,404円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
おちゃめに100歳!寂聴さん
おすすめ度:
大人気の説法で有名な瀬戸内寂聴さんをもっともっと知りたい。そんなファンたちにうってつけの一冊です。ぴったり寄り添う66歳年下の秘書さんが、寂聴さんの日常をつまびらかにつづっています。“人間”寂聴さんの素顔が、孫のような新鮮な秘書さんの目から、会話から、そして写真から伝わってきます。笑ったり、ちょっときゅんとしたり、読むとなぜか心軽やかになります。 (2018年04月30日)
青くて痛くて脆い
住野よる/著
KADOKAWA
税込価格  1,512円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ
青くて痛くて脆い
おすすめ度:
あの「君の膵臓をたべたい」で一躍話題を集めた著者の最新作。青春の輝きと痛みを描いた青春小説です。自分とは正反対の彼女との出会いにより、主人公が成長していく。彼の成長していくさまに共感を感じることがあるかも。著者自身が会心の傑作仕上がったというだけあって、とくに後半に向けてメッセージがたっぷりと伝わってくるお話です。住野ワールドに浸ってみてはいかがでしょう。 (2018年04月01日)

1 2 3 4 5 次の5ページ>>

掲載レビュー全399件


このページのトップへ