トップ > 新着書店レビュー >
新着書店レビュー
次のページへ>>   1 2 3 4 5
 
▼レビュー数ランキング
(有)フジヤ書店 867
平山書店 609
マイブックシェルフ・ヤマナ 544
うつのみや 受渡専門店 464
伊吉書院類家店 441
大地堂・ラ・ラ・ルー店 418
ブックセンターほんだ 413
長崎書店 409
ほんのいえ宮脇書店越谷店 405
ブックス・キューブリック 384
 
本好きの下剋上 司書になるためには手段を選んでいられません 第1部〔1〕
本がないなら作ればいい! 1
香月美夜/原作 椎名優/イラスト原案
TOブックス
税込価格 605円
 
お取り寄せ
商品詳細画面へ

レビュー全1件

本が好きなら読んでみてほしい。
昭和女子大学ショッププレリュード  (東京都世田谷区)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
本好きな大学生が本の下敷きになって異世界に転生するという最近流行の異世界ものです。異世界に転生したのに絶大な力を与えられたのでもなく、地道にがんばっていくので最初は少しものたりなさも感じますが、読んでいくうちにどんどんその世界に引き込まれていきます。少女の成長物語と言ってしまえばそれだけですが、その中にちょっとドキドキ、少しわくわくが入ってきて面白い。異世界行ったら、いろいろ大変だから今のうちにサ …続きを見る (2019年03月25日)
 
夢の迷い路
西澤保彦/著
光文社
税込価格 1,620円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

レビュー全1件

正解を必要としないミステリ
明文堂書店金沢野々市店  (石川県野々市市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
 正解を求めないミステリ。いや正解を必要としないミステリといったほうが適切でしょうか。本書で解かれる謎は現在進行形のものではなく過去に起きたものであり、当事者によって真実が明かされる謎はほとんどなく、想像や推測によって辿りつく答えは、正解《らしき》ものなのですが、その曖昧さがとても魅力的です。苦さと甘さがないまぜになった曖昧な記憶が、謎が解けると同時に一気に蘇ってくるようなその魅力は多くの人に味わ …続きを見る (2019年03月24日)
 
ともだちのつくりかた
たかいよしかず/さく
大日本図書
税込価格 1,512円
 
お取り寄せ
商品詳細画面へ

レビュー全1件

未就学児童のハウツー本
金喜書店  (秋田県横手市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
大人は簡単に「ともだちって大切」って口にするけど…ともだちってどうつくりますか?ともだちをどう説明しますか?ぜひ親子で…最初におとなが読んでほしい一冊。横手市立大森保育園さんより園児さんへの卒園記念品として注文いただきました。ひ (2019年03月22日)
 
ヒトでなし 金剛界の章
新潮文庫 き−31−2
京極夏彦/著
新潮社
税込価格 1,069円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

レビュー全1件

読後、強烈な、言葉では形容しがたい《何か》が胸に宿る
明文堂書店金沢野々市店  (石川県野々市市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
《快も不快も幸も不幸もない。//俺は笑った。//単なる自虐だ。開き直りだ。何とでも言え。何だっていい。//自堕落に後ろ向きに、思い切り不真面目に。不道徳に。反社会的に。//誰も文句は言わないだろう。顔を顰め、唾を吐き掛ける者ならいるのかもしれないが、俺はもう何とも思わない。//恥や外聞や自尊心や、そうしたものが擦り切れてしまっているから//ヒトでなしだから。》
 俗世に対するあらゆる執着を捨て、 …続きを見る (2019年03月15日)
 
青と白と
中公文庫 ほ22−1
穂高明/著
中央公論新社
税込価格 713円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

レビュー全1件

残酷なものから目を背けない、丁寧で誠実な物語
明文堂書店金沢野々市店  (石川県野々市市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
 本書では故郷の震災という重大な出来事をきっかけに人生に悩む女性の姿が、周囲の人々の反応を交えながら描かれています。《温かい》《優しい》人ばかりではなく、時に残酷な言葉を投げかけてくる人の姿も描かれていて、そんな人に対する彼女の反応も印象的でした。悲劇を誇張することなく、しかし残酷なものから目を背けない、という覚悟が伝わってきます。見掛けの派手さにとらわれることなく、丁寧に誠実に紡がれた物語です。 …続きを見る (2019年03月09日)
 
ぼくはきっとやさしい
町屋良平/著
河出書房新社
税込価格 1,512円
 
お取り寄せ
商品詳細画面へ

レビュー全1件

言葉が、ありふれた恋と青春を特別なものにする
明文堂書店金沢野々市店  (石川県野々市市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
《「ふみくん、そんなこと女のこにいってはだめ。女のこの言外のかしこさを、舐めたらだめだよ。あなた程度の神秘なんて、みんなすぐにわかる、でもことばにしないだけ」》
 序盤の会話の中で出てくるこの台詞を読んで、これは自分にとって大切な一冊になる、と確信に近い想いを抱きました。これは特別なようでいて、実はありふれた恋と青春なのかもしれません(ベタな自分探しをしている場面も多い)。語り手の性格はすこし変 …続きを見る (2019年03月08日)
 
魔眼の匣の殺人
今村昌弘/著
東京創元社
税込価格 1,836円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

レビュー全1件

超常現象×ミステリ 衝撃の傑作!
明文堂書店金沢野々市店  (石川県野々市市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
 葉村譲と剣崎比留子。紫湛荘での事件を経た二人は、オカルトネタを扱う雑誌『月間アトランティス』に載っていた記事を切っ掛けに、W県にある好見と呼ばれる地区へと赴く。葉村たちは、そこの住人達が『魔眼の匣』と呼ぶ住処で暮らす予言者、サキミから《「十一月最後の二日間に、真雁で男女が二人ずつ、四人死ぬ」》と告げられ、そしてその予言が真実であるかのように『魔眼の匣』にいた一人が命を落とし……。
 ミステリと …続きを見る (2019年03月05日)
 
青が破れる
河出文庫 ま20−1
町屋良平/著
河出書房新社
税込価格 734円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

レビュー全1件

好きに理由はいらない!?
明文堂書店金沢野々市店  (石川県野々市市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
 物語上のリアリティは明確な言葉を積み上げて創られることが多いと思いますが、リアル(現実)はもっと曖昧なものです。本書の現実っぽさを感じない、曖昧さ、不確かさ、は間違いなくリアルだ、と思いました。すくなくとも私はそう感じました。曖昧でリアルな青春はどこまでもストレートに私の胸を抉り、心の奥底に秘めていた感情が悲痛な叫び声を上げそうになりました。
 ……と書いて、ふと首を傾げる自分がいました。私が …続きを見る (2019年03月05日)
 
府中三億円事件を計画・実行したのは私です。
白田/著
ポプラ社
税込価格 1,080円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

レビュー全1件

府中三億円事件を計画・実行したのは私です。
ほんのいえ宮脇書店越谷店  (埼玉県越谷市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
読み物として、小説としての面白さを味わってもらいたい。過去の重大事件をモチーフにしたこの類の作品は、読み手に想像の翼をいっぱいに広げさせてくれる。当時の事件を知っている世代、そして知らない世代へと。その両者に対して、ひとつの青春ストーリーとして描かれたのがこの作品である。実行犯の告白にしてはリアリティに欠くと言った類いの感想が想像されるが、この本の奥付けの最後に「この作品は、フィクションです。」と …続きを見る (2019年03月03日)
 
だから殺せなかった
一本木透/著
東京創元社
税込価格 1,944円
 
お取り寄せ
商品詳細画面へ

レビュー全1件

最後まで読者に安心感を与えてくれない、意外性に彩られた物語
明文堂書店金沢野々市店  (石川県野々市市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
《今でも思い返すことがある。愛する人や家族を守る行為が、社会への背徳になるとしたら……。あの時、私が守るべき、選ぶべきはどちらだったのか。琴美とその家族か、報道の使命か。(中略)スクープの代償は、私の未来の「家族」だった。》
 世間からクオリティペーパーと呼ばれる太陽新聞で社会部の記者をしている一本木透と都立の私立大学に通う大学生である江原陽一郎。序盤は二人のモノローグ(独白)が交互に綴られ、中 …続きを見る (2019年03月03日)
 
愛なき世界
三浦しをん/著
中央公論新社
税込価格 1,728円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

レビュー全1件

愛なき世界
ほんのいえ宮脇書店越谷店  (埼玉県越谷市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:


本屋さんでひときわ目立つブルーバックにした植物をあしらった見事な装丁。
どっぷりと肩までつからせてもらった気分になる学術的な研究の話も、三浦しをんの独特なユーモアが、お堅いイメージの理系の世界へとやさしくいざなってくれる。作者の徹底した探究心が、物語に説得力をもたらしてくれています。かつて「舟を編む」で辞書作りの世界を描いた深掘り感が今回もたっぷりと漂っている。ストーリーに大きな盛り上が …続きを見る (2019年02月23日)
 
新卒ですが、介護の相談うけたまわります
メゾン文庫 い1−1−1
いぬじゅん/著
一迅社
税込価格 691円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

レビュー全1件

新卒ですが、介護の相談うけたまわります。
(株)藤枝江崎書店 駅南店  (静岡県藤枝市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
避けては通れない介護の問題。
著者自身が福祉関係の仕事をしていて、その体験からこの本を書いたようです。
新人として福祉の仕事を選んだ主人公の奮闘ぶりを応援しながら、
読んでみて下さい。 (2019年02月21日)
 
木曜日の子ども
重松清/著
KADOKAWA
税込価格 1,836円
 
現在ご注文できません
商品詳細画面へ

レビュー全1件

鬱屈とした青春を《父親》の視点にこだわって描いた親子小説
明文堂書店金沢野々市店  (石川県野々市市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
 絶望に打ちひしがれそうになるような暗い世界をただただ虚しさを抱えて歩く。その果てに射す光はちいさく、あまりにも弱々しい。しかしその光が強く焼きついて、いつまでも心から離れない。
 もしも自分の息子の通う中学校でいじめの話を聞いたとして、わが子を被害者の側に置くか、加害者の側に置くか。作中、語り手が他の登場人物から、こんな風に問いかけられる場面があります。この時、語り手は、たとえ頭の片隅にでも息 …続きを見る (2019年02月09日)
 
宝島 HERO’s ISLAND
真藤順丈/著
講談社
税込価格 1,998円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

レビュー全1件

宝島
ほんのいえ宮脇書店越谷店  (埼玉県越谷市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
北越谷に縁のある直木賞作家が登場した。地元の文教大学キャンパスには“祝!直木賞受賞”の垂れ幕が下がっている。タイトルの「宝島」とは沖縄のこと。戦後1952年から沖縄復帰1972年までの20年間の物語。3人の若者が激動の時代を生き抜いていく。541ページにおよぶ長編すべてに渡ってみなぎる圧倒的な熱量と密度に舌をまいた。あえて多用したと思われる沖縄方言にカナルビがふってあることで、読者をリアルに沖縄の …続きを見る (2019年02月05日)
 
モンスターマザー 長野・丸子実業「いじめ自殺事件」教師たちの闘い
新潮文庫 ふ−41−3
福田ますみ/著
新潮社
税込価格 594円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

レビュー全1件

身に覚えの無い罪、理不尽な出来事と闘った人々の記録
明文堂書店金沢野々市店  (石川県野々市市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
《いじめによって心に深い傷を負い、自殺にまで追い込まれる子供はもちろん犠牲者である。だが一方、いじめの加害者だと決めつけられて濡れ衣を着せられ、やはり深い傷を負う子供がいることもわかってほしい。彼らもまた犠牲者なのだ――。》
 まずお伝えしておきたいのが、この感想は本書で書かれていることが真実であるということを前提にしたものです。もしかしたら関係者たちのひととなりを知ったり、別の見方をした意見を …続きを見る (2019年02月02日)
 
1R(ラウンド)1分34秒
町屋良平/著
新潮社
税込価格 1,296円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

レビュー全1件

文体に慣れてくると耳に心地よい。
卓示書店 河口湖BELL店  (山梨県南都留郡富士河口湖町)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
スランプに陥ったボクサーの話。
文体が特徴的で最初とまどったが、だんだん耳に心地よくなる。
いわゆる普通のスポ根ものとはまったく違う。 (2019年01月29日)
 
言鯨(イサナ)16号
ハヤカワ文庫 JA 1356
九岡望/著
早川書房
税込価格 842円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

レビュー全1件

小説であるという利点を最大限に活かした《言葉》の物語
明文堂書店金沢野々市店  (石川県野々市市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
 砂の時代とも呼ばれる「風歴」という時代。人間は死ねば砂となり、この世の果てまで終わらない砂漠の一部になる。謎めいた神「言鯨」を持つこの時代で、「言鯨」たちの遺骸は地中深くに埋没している。地表に繁茂した「言骨」は神の力の残滓である。骨摘みとして働く少年、旗魚は有名な歴史学者である浅蜊に憧れ、歴史学者になることを夢見ていた。そんな憧れの浅蜊に骨摘みとしての旅の途中で出会った旗魚は、船長の命を奪った綻 …続きを見る (2019年01月29日)
 
これでいいのか岩手県
地域批評シリーズ 32
岡島慎二/編 鈴木ユータ/編
マイクロマガジン社
税込価格 994円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

レビュー全1件

岩手あるあるが満載!岩手の課題を浮き彫りにする
高村書店  (岩手県二戸市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
岩手はでかい。なので北と南、内陸と沿岸では意外と知らないことや風習・文化の違いがあったりする。そんな岩手県の実情をあからさまにしてしまう本書は、まさに岩手県人にとって「あるある」が詰まっただけでなく、「そんなこともあるんだ」という新発見も満載。

本書は2015年に刊行されたものに加筆・修正を加えたものであるため、データや社会情勢も最新のものに加味されているのでご安心を。 (2019年01月23日)
 
VTJ前夜の中井祐樹 七帝柔道記外伝
角川文庫 ま39−2
増田俊也/〔著〕
KADOKAWA
税込価格 691円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

レビュー全1件

胸を打ち震わせる傑作ノンフィクション集
明文堂書店金沢野々市店  (石川県野々市市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
《中井が戦っているのは目の前のゴルドーではあったが、中井が本当にやろうとしていたのは無知な世間を引っ繰り返すことだった。》本書は何かを変えたいと願ったことがある者、何かを変えようともがいたことがある者、そんな人たちの胸を打ち震わせる傑作ノンフィクション集です。
 中井祐樹、堀越英範、東孝、猪熊功……格闘技に疎い私は、この作品を読むまでこれらの人物に対する知識はゼロに等しかった。失礼な言い方になっ …続きを見る (2019年01月14日)
 
お正月
桂文我のでっち絵本
桂文我/ぶん 国松エリカ/え
BL出版
税込価格 1,404円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

レビュー全1件

でっち絵本で縁起担ぎ!
マイブックシェルフ・ヤマナ  (岡山県倉敷市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
落語家 四代目桂文我さんの落語を題材にした楽しい絵本シリーズです。
とにかく「でっち」が、かわいい!
縁起担ぎの旦那さんとヘマばかりしてしまう丁稚のお正月ストーリー。
旦那様と丁稚のやりとりは、子どもにわかりやすく落語の楽しさを
教えてくれます。

失われつつある、古き良きお正月の風景を絵本とともに笑いましょう!
そして、招福ならぬ笑福、笑う門には福来ると参りましょう!
おあとがよ …続きを見る (2019年01月02日)
 
次のページへ>>   1 2 3 4 5

このページのトップへ