トップ > 新着書店レビュー >
新着書店レビュー
次のページへ>>   1 2 3 4 5
 
▼レビュー数ランキング
(有)フジヤ書店 867
平山書店 609
マイブックシェルフ・ヤマナ 543
うつのみや 受渡専門店 464
伊吉書院類家店 441
大地堂・ラ・ラ・ルー店 418
ブックセンターほんだ 413
長崎書店 409
ほんのいえ宮脇書店越谷店 397
ブックス・キューブリック 384
 
図書館の殺人
創元推理文庫 Mあ16−4
青崎有吾/著
東京創元社
税込価格 950円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

レビュー全1件

生真面目に、潔く、読者に挑戦するミステリ作家・青崎有吾作
うつのみや上林店  (石川県野々市市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
裏染天馬シリーズの第四弾。タイトルにある「図書館」にふさわしい謎が用意された読者と真っ向勝負の本格ミステリ・犯人当て小説です。探偵は警察のアドバイザーという立場で現場に残された物証やダイイングメッセージらしい痕跡、関係者の証言などを手に入れることができます。そしてそれらをもとに純粋に論理を積み上げて犯人に迫っていきます。

重要なのは「論理」。矛盾せず、ほかの可能性を除き、たった一人の人物が犯 …続きを見る (2018年10月17日)
 
そして誰もいなくなった
ハヤカワ文庫 クリスティー文庫 80
アガサ・クリスティー/著 青木久惠/訳
早川書房
税込価格 821円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

レビュー全3件

福文堂書店本店  (愛知県名古屋市中区)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
謎の人物から正体を受けた8人の客と、館で働く夫妻。
突如読み上げられるそれぞれが犯した過去の罪。
客室に掲げられた童謡の歌詞と同じように一人一人殺されていき、ダイニングに飾ってあった10体の兵隊人形が一体一体消えていく。
最後の一人が死んで残る謎。
「誰が犯人なのか?」
容疑者全員死亡!でも犯人は外部の人間ではない。密室状態の孤島で起きる不気味な犯罪。

現代のいろいろなマンガや小説 …続きを見る (2018年10月17日)
 
そして誰もいなくなった
大地堂・ラ・ラ・ルー店  (茨城県潮来市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
この本では接点のない男女10人が無人島に招待されて、招待された日の夜にレコードから一人ずつ人を殺した、と殺した人の名前が流されます。それから部屋にかかっていた童話の順番、童話通りに一人一人殺されていきます。
この本を読んでいると、物語が進んでいくごとに犯人が分からなくなってきます。この人が犯人だ、と思うと次には殺されていたりします。
この本を読んでいる途中で犯人が分かった人はすごいと思います。 …続きを見る (2015年07月29日)
 
本の王国 豊田吉原店  (愛知県豊田市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
私の中でアガサ・クリスティーといったらこの作品です!

ある孤島に集められた10人の男女。
夕食の席で、聴かされた童話通りに次々と人が殺されていく。
主催者のいないこの館。
犯人と思われるのは残された人の中のだれか。
生き残るのは!?
最後まで緊張感が抜けません。

ミステリーファンには読まずにいられない作品です。 (2013年07月20日)
 
アクシデンタル(在庫切れ)
ユスフ・コルデン/著
十三出版
税込価格 1,570円
 
現在ご注文できません
商品詳細画面へ

レビュー全1件

当書店が主要な舞台となった長編旅行記!
神保町書店  (東京都千代田区)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
筆者の、外国人ならではの視点がなんともユーモラスな一冊。店内の様子や登場人物にも「おや?」と思うかも… (2018年10月17日)
 
キミワリーナがやってくる
ベンジー・デイヴィス/作 林木林/訳
BL出版
税込価格 1,620円
 
お取り寄せ
商品詳細画面へ

レビュー全1件

ほんのちょっぴりだけドキドキ、コワコワ
マイブックシェルフ・ヤマナ  (岡山県倉敷市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
題名からホラー絵本かと思いきや、安心安全なストーリーです。
ネタバレは「怖がらせる近所のおじさん」。いますよね!?
絵がカワイイので、小さなお子さんでも安心して読めます。
後半まで、誰もが「誰だろう?何だろう?」と少しだけドキドキします。
最後は、ほのぼの?とした展開ですが、まさかの窃盗に逃亡に少々、
「えー!?」となりました(笑)

キミワリーナの正体は!?


(2018年10月16日)
 
元年春之祭
HAYAKAWA POCKET MYSTERY BOOKS 1935
陸秋槎/著 稲村文吾/訳
早川書房
税込価格 1,620円
 
現在ご注文できません
商品詳細画面へ

レビュー全1件

この上なく魅力的な、殺人の舞台と状況と真相と
うつのみや上林店  (石川県野々市市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
はるか昔の中国を舞台にした本格推理小説です。
主人公の少女と、彼女を招いた家の三女を中心に語られます。
会話は中国の数多くの古典(たとえば論語、礼記、詩経、易経など)からの引用が多く、ちょっと難しそうな印象があるのですが、難しいところは飛ばし読みをしてもよいと作者が公言していますので、ほとんどハードルは感じませんでした。
過去にこの家であった大量殺人事件、そして作中に発生する連続殺人事件は大 …続きを見る (2018年10月14日)
 
ハラスメントゲーム
井上由美子/著
河出書房新社
税込価格 1,620円
 
お取り寄せ
商品詳細画面へ

レビュー全1件

人気脚本家、堂々の小説家デビュー!
本の王国 豊田吉原店  (愛知県豊田市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
社会的ブームを巻き起こしたドラマ「昼顔」や、人気ドラマ「緊急取調室」などの脚本を手がけた、井上由美子さんの小説家デビュー作。チェーンスーパーの本社コンプライアンス室室長・秋津が部下の高村真琴と、さまざまなハラスメントに対応する。世の中にこんなにいろいろなハラスメントが存在しているなんて驚きです。私もスタッフとの接し方を慎重にしなきゃいけないなぁ・・。 (2018年10月14日)
 
ナナメの夕暮れ
若林正恭/著
文藝春秋
税込価格 1,296円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

レビュー全1件

ナナメの夕暮れ
ほんのいえ宮脇書店越谷店  (埼玉県越谷市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
オードリー若林の最新エッセイ集。若林は知る人ぞ知る、物書きさんなんです。雑誌「ダ・ヴィンチ」の連載分に、新たな書き下ろしを大幅にプラス。初エッセイ集がベストセラーに、続く2作目の前作の旅行エッセイで賞までとっただけに、エッセイストとしてもタダものではないことが証明されている。これがその後を受けての待望の発刊。感性はもとより、ボキャブラリーがじつに豊富である。感じること、そしてそれをコトバで、文字で …続きを見る (2018年10月14日)
 
下町ロケット 〔4〕
ヤタガラス
池井戸潤/著
小学館
税込価格 1,620円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

レビュー全1件

下町ロケット 4 ヤタガラス
ほんのいえ宮脇書店越谷店  (埼玉県越谷市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
大人気「下町ロケット」シリーズの待ってましたの第4弾。今秋スタートのTVドラマ化でも前評判一押しの原作小説だ。物語は大きく展開する。あらたなライバル企業の出現。プライドをかけた熱き戦い、たぎる情熱が読むものにも伝わってきて、読み応えは十分。目が離せない展開からクライマックスへといざなう池井戸作品の真骨頂がここでも堪能できます。テレビの進展に待ちきれなくなるでしょう。イッキ読みしちゃってください。絶 …続きを見る (2018年10月13日)
 
フェルマーの最終定理
新潮文庫 シ−37−1
サイモン・シン/〔著〕 青木薫/訳
新潮社
税込価格 853円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

レビュー全1件

福文堂書店本店  (愛知県名古屋市中区)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
300年以上も数学者達を悩ませ続けた問題がいかにして解かれるに至ったか、その過程が描かれています。
数学大好きなアマチュアのおじさんが、数学書の余白に書いたシンプルなメモが発端となり、以後の時代の名だたる数学者たちがその証明に挑みます。

問題そのものよりも、
それに挑んだ数学者たちのドラマや、数学のさまざまな分野とその発展の歴史に重点が置かれていて、物語としてとても面白いのです。
それ …続きを見る (2018年10月11日)
 
イニシエーション・ラブ
文春文庫 い66−1
乾くるみ/著
文藝春秋
税込価格 680円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

レビュー全7件

衝撃のラストといえばこれ!
神保町書店  (東京都千代田区)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
平成の2度読みの名作と言ってもいいでしょう。最後のページを読んだ後、すぐに最初から読み返してしまう衝動、ぜひ味わってみてください。 (2018年10月10日)
 
青春時代でした。
うつのみや上林店  (石川県野々市市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
50歳前後の方はどストライクです、読んで思い当たるような事が必ずあるのではないですか?私もこの世代として共感できましたがただ言えることは悪者は「鈴木辰也」ただ一人です。このことだけは決して間違わないように。それでも好意を持たすような演出には乾先生の描写の素晴らしさがあるからでしょう。 (2015年06月07日)
 
本の王国 豊田吉原店  (愛知県豊田市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
読み返したくなるとはこういうこと。

読めば読むほどわかる真実に再読したくなります。

こんなミステリーありなんですね! (2014年04月29日)
 
その女アレックス
文春文庫 ル6−1
ピエール・ルメートル/著 橘明美/訳
文藝春秋
税込価格 929円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

レビュー全4件

叫びたくなるほどの衝撃!
神保町書店  (東京都千代田区)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
本書の醍醐味は、事件のトリックを解き明かしていく過程などではなく、事件の重要人物となるアレックスという女性の“壮絶な人生”を解き明かしていく過程にあります。読み終えた時、きっと叫びたくなるほどの衝撃を受けることでしょう。 (2018年10月10日)
 
(有)フジヤ書店  (北海道網走市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
この本は『アレックス』の命をかけた戦いである。
ある日突然に連れ去られ、監禁される。彼女は全てを奪い取られ隔離される。ありとあらゆるものから遮断され彼女が触れることが出来るのは自分を閉じ込める鉄と『彼』。だがこんな状況下であっても彼女が諦めることはなかった。彼女には成し遂げなければならないある計画があったからだ。脱出劇とその後繰り広げられる殺人。彼女は被害者か加害者か。彼女の数多くの不可解な行動 …続きを見る (2017年08月25日)
 
ストーリー展開と登場人物がとにかく魅力的!
うつのみや上林店  (石川県野々市市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
2014年翻訳ミステリ各種ランキングベスト1を軒並みさらったとの呼び声通り、ぐいぐいと最後まで一気に読ませる物語のけん引力が凄い。誘拐された女とそれを捜す刑事、刑事の部下たち、彼の飼い猫といった登場するキャラクターたちの魅力も抜群です。場面描写もすばらしく、読書中鮮やかに映像が頭の中に浮かんできて、まるで映画のようでした! (2015年01月07日)
 
BLUE GIANT 1
ビッグコミックススペシャル
石塚真一/著
小学館
税込価格 648円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

レビュー全2件

ページから音があふれ出す!
神保町書店  (東京都千代田区)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
大が一途にジャズに打ち込む姿に感動を覚えます。 (2018年10月10日)
 
マンガ玄人にオススメの一冊
カスヤ書店  (島根県鹿足郡吉賀町)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
「その日、その時、その瞬間のメロディーをかます!!毎日違う!!ハゲしくて自由な音楽がジャズ!!」などカッコいいセリフがバンバンでてきます。読んでいて何度も鳥肌が立ち、笑い、感動し泣けます。第一回マンガ大賞受賞作「岳」の作者石塚真一先生による最新作。今最高に面白いマンガです。 (2015年05月01日)
 
卒業 雪月花殺人ゲーム
講談社文庫
東野圭吾/〔著〕
講談社
税込価格 637円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

レビュー全2件

茶道の「雪月花之式」をトリックに用いた謎に恭一郎が挑む!
神保町書店  (東京都千代田区)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
加賀恭一郎が大学生時代の話。
今後の名推理の片鱗がわかる1冊です。 (2018年10月10日)
 
本の王国 豊田吉原店  (愛知県豊田市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
加賀恭一郎が警察官になる前のお話。

大学の卒業を目前としお互いバタバタとしていた恭一郎ら7人の大学生。
ある事件が彼らの友情を恋心を変えてしまう。

友人の祥子が死に、犯人を捜す恭一郎たち。
事件が解決しようとする中、浮かび上がる犯人像。

恭一郎は最後に何を選択するのか。。。
悲しいラストですが、読む価値ありの作品です!! (2013年07月20日)
 
コーヒーが冷めないうちに
川口俊和/著
サンマーク出版
税込価格 1,404円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

レビュー全3件

コーヒーが冷めないうちに
ほんのいえ宮脇書店越谷店  (埼玉県越谷市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
9月21日に東宝系で待望の映画化が決定。有村架純ちゃんがスクリーンで見られるとあって、前評判から盛り上がっている。その大人気シリーズの原作なのでこれは見逃せない。過去に戻れるという不思議な都市伝説がある喫茶店「フニクリフニクラ」が舞台。過去に戻るにはちょっと面倒なルールがあるが、それがまたストーリーに深さを感じさせてくれる。切なくも心あたたまる4つの物語。劇団の舞台演出家の川口俊和さんの作とあって …続きを見る (2018年10月07日)
 
元は舞台の脚本だったそうです。観てみたくなりました。
ブックセンターほんだ  (福岡県福岡市博多区)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
頭のなかに喫茶店を思い浮かべる。カウンター席が三つと、ふたりがけのテーブル席が三つの、小さな小さな喫茶店。ただコーヒーを飲みにくる常連客もいれば、ある噂――過去に戻れるらしい――を聞きつけて訪れる客もいる。
喫茶店の“ある席”に座ってコーヒーを飲むと、強く願った日に戻ることができる。制限時間は注がれたコーヒーが冷めない間だけ。過去に戻っても、その席から動くこともできなければ、現実で起こった出来事 …続きを見る (2016年11月16日)
 
ヤマト屋書店 東仙台店  (宮城県仙台市宮城野区)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
とある喫茶店のとある座席には不思議な都市伝説があった。
その席に座ると、望んだとおりの時間に戻れるという。ただし、そこにはめんどくさいルールがあった…。
過去に戻れる喫茶店で起こった、心温まる4つの奇跡。 (2016年02月07日)
 
思い出が消えないうちに
川口俊和/著
サンマーク出版
税込価格 1,512円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

レビュー全1件

思い出が消えないうちに
ほんのいえ宮脇書店越谷店  (埼玉県越谷市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
「コーヒーが冷めないうちに」のシリーズとして100万部を突破した。その人気作の待望の第3弾最新作。今回もとびっきりの4つの物語が盛り込まれている。ちょっとばかり面倒くさいルールがあるが、それを条件に過去に戻れるという喫茶店。そんな都市伝説のある物語の舞台は、北海道の坂の街、函館「喫茶ドナドナ」。過去に戻ることで、人は何を思い、何を伝えようとするのか。切なさいっぱいのエンディングまで楽しんでください …続きを見る (2018年10月07日)
 
ノラネコぐんだんおばけのやま
コドモエのえほん
工藤ノリコ/著
白泉社
税込価格 1,296円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

レビュー全1件

さあ つくろう、おいしい おだんご♪
マイブックシェルフ・ヤマナ  (岡山県倉敷市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
待ってましたのノラネコぐんだん最新作!
今度はノラネコとタ○キも反省します。

舞台は山のお団子屋さん(あえて漢字)で
前回の反省はどこへやら、、、。
途中、初?のゲームブックのようなページもあり、
ストーリー展開も予想つかず、、、は、いつものことですが(笑)

最後はしっかり反省させられるノラネコ達+タ○キでした。
シリーズを通して、変わらない展開の期待を裏切らない絵本です。\ …続きを見る (2018年10月06日)
 
日本一人が少ないところの、日本一きれいな星空
〔豊哲也/写真〕
今井印刷
税込価格 2,160円
 
お取り寄せ
商品詳細画面へ

レビュー全1件

日本一の砂丘で、冬の星座が見たくなります。
マイブックシェルフ・ヤマナ  (岡山県倉敷市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
まず、題名のインパクトと納得感が面白いです(笑)
地方の印刷会社さんが手掛けたとは思えない写真の鮮明さは驚きです。
天文に興味が無くても夜空に魅せられ、そして引き込まれる。
この写真集を持って、同じ星空を見に行きたいですね。
(2018年10月03日)
 
ジャパネスク・リスペクト! 氷室冴子『なんて素敵にジャパネスク』トリビュート集
コバルト文庫 ん1−20
我鳥彩子/著 後白河安寿/著 岡本千紘/著 松田志乃ぶ/著 山内直実/著 後藤星/著
集英社
税込価格 605円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

レビュー全1件

ジャパネスク・リスペクト
(株)藤枝江崎書店 駅南店  (静岡県藤枝市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
「なんて素敵にジャパネスク」のその後?のお話がつづられていて、
著者の方々もファンなので、ジャパネスク愛がつまった一冊になっています。
懐かしいと感じる方にも知らないけれど面白そうと感じる方にもおすすめです。
同時発売で新装版の綺麗なカバーの1巻も発売中されました。
続刊も楽しみです。

(2018年10月01日)
 
54字の物語 意味がわかるとゾクゾクする超短編小説
氏田雄介/作 佐藤おどり/絵
PHP研究所
税込価格 1,080円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

レビュー全1件

54字の物語
(株)藤枝江崎書店 駅南店  (静岡県藤枝市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
この表紙の物語で「うわあ・・・」となりました。
内容も「うわあ」なのです。
たった54字でこんなに簡潔に物語が成立するなんて、スゴイの一言です。
第2弾・3弾も出版してほしいと思います。 (2018年10月01日)
 
スケルトン・キー
道尾秀介/著
KADOKAWA
税込価格 1,620円
 
通常1〜2日で出荷
商品詳細画面へ

レビュー全1件

恐ろしい よくわからない サイコパスの真実を垣間見る
うつのみや上林店  (石川県野々市市)  →書店別のレビューへ   おすすめ度:
サイコパスの青年が語る、一人称のサスペンス小説。
どこかの場面を切り取って説明しようとしても、どの場面もネタバレになりそうなほど緻密に組み立てられたお話です。展開がスピーディでスリル満点なので読んでいるときにはそういった細かいことを気にする余裕を与えてくれません。

この小説を書くにあたって作者の道尾秀介さんはサイコパスについてよく調べて、まるで御本人がサイコパスなのではと思わせるほど、主人 …続きを見る (2018年09月21日)
 
次のページへ>>   1 2 3 4 5

このページのトップへ